Tag: 勉強会



2013年 6月 10

Gunma.web #13 : ATND

遅くなりましたが、2013/05/18に開催されたGunwa.web#13のレポートです。

今回の会場は高崎駅前プラザホテル内の会議室。入口付近に怪しげなお店があり、アウトロー感満載なふいんきです。この会場は飲食物持ち込み禁止とのこと。水のペットもダメなのかしら?休憩時間にコーヒーを頂きましたが、@tsurumauさんのご厚意でオーダー頂いたとの事。感謝。

それでは簡易ながらレポートを。

「Enalica」@ivoryworks さん

Yahoo!のルビ振りAPIを使ってwebサービスを作ったよ!というお話。

  • 「Enalica」という名前に意味は無い
  • 入力された文字列をルビ振りAPIで解析
    • 結果はXMLで帰ってくる
  • ア段をオ段に変換
    • かんたんじゃないか
    • こんとんじょのいこ
  • 読みの誤変換
    • 助詞の「は」の問題
    • 半角(スペース)で区切る
  • ルビタグ有効活用出来た

あしらっているイメージキャラクターの少年が子役時代から有名な某氏に似ているけど、気にしてはいけません。この少年の表情、ものすごくマッチしています。

このサービスで遊ぶ際には脳内で彼(少年)の喋り方に変換するとより一層美味しく楽しめます。つい、思い出し笑いしたりするので他人が近くにいる時などは注意が必要です。変な人だと思われるので。

毎度のことですが、こういった一見単純だけど、なかなか気が付かないアイデアっていつ出てくるのか不思議です。いつもこんな事考えているのかな。

是非 Enalica で遊んでみて下さい。簡単じゃないか!

「Localize」@yterajima さん

最近行ったオープンソースの日本語化のお話。

  • 英語→日本語 難しくないよ!
    • 神ツール「google翻訳」
  • なぜLocalize?
    • 日本語化されてないと導入が進まない
    • 皆んなで読むのに個々で翻訳するコストは無駄
  • メリットあるの?
    • 結構いいことがある
    • 書いて良いか分からないので略

個人的には作業工程のわざとコンフリクトさせて…というのが気になりました。そのためにオリジナルの文章と行などを揃えて置くことが必要と。きっとgit使っているのだと思うのですが、どう作業しているかピンときません。gitの勉強会がもうすぐあるのでその時にでもちょっと聞いてみたいです。

個人的な目標として英語の学習を立てている(進んでいませんが)のですが翻訳作業なんかも勉強になりそう。その前に英語のままドキュメントを読む努力をしろという話ですね。

「クラウドを使ってみた話」 @clicktx

こちらのエントリーにスライドあげてます。

「GTDでタスク管理」 @caz0404 さん

  • GTD(Getting Things Done)
  • 頭の中を外へ
    • スッキリ
  • タスクを細分化する
    • つい「プロジェクト」をタスクとして扱いがち
  • プロジェクトに見えないものを細分化
    • 例)「サイト制作企画書を作る」はプロジェクト
      • 色々な調査
      • 目標設定
      • 企画書そのものを作る

話を聞いてて自分は「プロジェクト」をタスクとして扱っているな、と思い当たるフシがありました。タスク管理はとても苦手なので参考にして仕事が出来る人間になりたいと思います。

次回にツールを紹介してくれるようなので期待してます。

オサレなプレゼンツールを使っているので聞いてみたところ、 Prezi というwebサービスとの事。なんかこのツールでwebサイト作れちゃいそうな感じですね。

「プロメテウスとわたし」 @track8 さん

guRuby主宰の@track8さんのお話。

  • guRuby
    • 初開催 2010/9 第三水曜
  • Gunma.web
    • 初開催 2010/8/21
    • 少し先輩
    • レストランとかで開催しててなんか華やか
  • 群馬は勉強会無い
  • 北関東にはエンジニアなんていない(と思っていた)
    • 実はひっそり存在していた
  • guRuby高崎計画

群馬で開催される技術系の勉強会は数少ないですけれど、こうして少しずつ増えています。参加できる勉強会があるというのはありがたいことです。色々なことを知る良いきっかけになります。また、何かを作ったり、勉強するモチベーションに繋がります。

RubyKaja

Ruby界隈ではRubyKajaというコミュニティに貢献した人を互いに褒め合い賞賛し合う文化があるそうです。今回guRubyから選出されたのがGunma.web主宰でもある@kanayannetさんと発表がありました。おめでとうございます。パチパチ。

「プログラムウィッチーズ」 @tsurumau さん

Gunma.webのマスコットこと@tsurumauさんの発表です。

発表が始まるやいなや着替えてくる(!?)とか言ってます。まさかのスク水かと思いましたが、思惑は外れて頭になにかつけています。どうやら脳波を測定する装置みたい。

  • 元ネタ ストライクウィッチーズというアニメ
    • 魔法でプログラミング出来ないか?
    • プロセッシング?脳波?
  • まずは防御から
    • OpenGL
    • 白をトラッキング
    • シールドを出す
  • 脳波でプログラミング
    • ニューロスカイ マインドウェーブ
    • α波やθ波
    • 集中大事
    • なんと!文字を打ってる!脳波でプログラミングすごい!!!!11

ここまで@tsurumauワールド全開、ついにここまで来たか!という感じです。人間やればなんでも出来る、そんな矢先でした。

  • 実はインチキ
  • 脳波拾っていない

え?

会場にいる全員口が開いていました。現状だと文字入力も難しいそうです。ホント騙されました。悔しいです。

  • 信号処理,OpenGL,GLSL,ロゴ作成、前日になった
  • これからも変わりなくお付き合い下さい

皆さん心が広いから変わりなくお付き合いしてくれると思うけど、騙した罰として次回はスク水で参戦確定ですね。そうそう、すっかり忘れていたけど、どうやらぱんつを見せるためのスライドだったようです。完全にセクハラですね。

「windows store app を HTMLベースで作ってみた」 @kanayannet さん

主宰の@kanayannetさんのお話。

  • js,css,htmlでwindows store app
    • webアプリ作成者も興味ありそう
  • とはいえ専用のObject method群は必要
  • jQuery使える
    • jquery2.0以降ならそのまま使える
  • IE10との違い
    • Windowsランタイムへのアクセス
  • Visual Studio Express
    • 無料版でも十分?
    • 試してみて必要になれば有料版を試せば良い

以前@kanayannetさん作成したiPhoneアプリを移植して、そちらをサンプルとして解説していました。

ちょっとググったところwindowsストアアプリは従来のWindowsアプリとは別物なのかな?なにぶん、winに関してはほぼ触ることがないのでピンときていません。大きな点はJavaScriptでデバイスにアクセスできて、Viewの部分はHTMLとCSSで作れる=webの開発とほぼ同じ工程で可能という事でしょうか。

webとの融合性も高そうな感じだし、触る機会を作ってみようかな。まずはデバイスを用意しなくてはいけませんが。自分が普段触らないことを知るきっかけになる、こういうのも勉強会の醍醐味です。

2次会

Gunma.web #13 2次会 : ATND
会場 :Gru

今回はGunma.webでは恐らく初のアルコールあり懇親会でした。ぐんまRuby会議の時に一度来たのですが、シャレオツなお店です。

Gru

前回飲むのを逃しただるまハイボールを頂きました。サントリーオールド、通称「ダルマ」を使ったハイボールで、グラスもダルマです。高崎はダルマの聖地ですし。

だるまハイボール

たまにはお酒を飲みながらのコミュニケーションもいいですね!団体予約が入っていて、短い時間だったのがちょっと残念でした。ま、3次会でも呑んだくれてたわけですが、、、。

いつぞや話が出ていた、スピンオフ的な会で温泉.webみたいなの出来れば楽しそうだなぁ。という話をしていたような記憶があります。

今回のGunma.webも とのしこっとです。


Filed under: 勉強会

Trackback Uri






2013年 5月 22

群馬、勉強会:Gunma.web( web勉強会 in 群馬 )
Gunma.web #13 : ATND

先日行われたGunma.web#13でLTした資料です。今回は最近流行っているっぽい Speaker Deck にてうpしてみました。

発表したスライド

補足

  • Iaasでもリソース型とインスタンス型がある
    • GMOはリソース型。Amazon EC2なんかはインスタンス型。
  • ハイパーバイザ
    • XenかKVM。最近の安い方のプランだとXen。
    • とはいえXenでも十分。むしろXenの方が細かい設定できて助かる部分も。
  • サーバのテンプレート
    • ロケーションが別の場所には使えない
    • 同じロケーションでもゾーンが違う場合も使えない
  • グローバルなIPアドレス増やせるのは個人的に必須
    • 安い。約210円/月
    • IPベースのvirtual hostじゃないとSSL証明書が有効にならないから
      • マルチドメインとかは高価だし固定されちゃうしブラウザ依存あるので
  • ネットワークについて
    • 提供されるファイアウォール
      • ping通す設定ができない?
      • iptables使ったほうがいい?
    • ポートスピード
      • 〜512Mbpsまで変更できる
      • ただしpublicの場合は100Mbps超は有料。localは無料。
  • コンテンツについて
    • 結構大目に見てくれている
    • 丸見え(・A・)イクナイ!!

国内のサービスの中では使いやすいのではないかと思っています。はい。GMOの回し者じゃないよ。レポートは後程別エントリーで。


Filed under: 勉強会

Trackback Uri






2013年 4月 3

オープニング

主宰の@ytnobodyさんによるオープニングで始まりました。表番組が同日に開催されていたのでこちらは裏番組と言う事みたい。今回のPerl Beginnersはなんと一周年!という事で、おめでとうございます。パチパチ。

スライド中に登場していたザクとうふ、あれ作っているの群馬の会社(とーーーふはさがみやっ!ってCMの)なのですが、少しだけ群馬に関係したものが出てきて親近感を感じつつ始まりました。写真はザクの頭(等身大?)が会社に飾られていた時に撮ったもの。頭の中に入れたそうです。

相模屋に飾られたザクの頭

ビギナーズセッション

エントリがなかったらしく、急遽募集。@CLCLCLさんによる質問がありました。

  • Mojolicious::Liteでwebsocketを使ったアプリ
    • Any::Eventのイベントが拾えなくなる問題
    • morboの場合は大丈夫
    • hypnotoadになると問題が発生

Mojo::Server::Hypnotoad

morboで動いてhypnotoadで問題が出るということなので、workerの数が問題なのかな?と思いました。workers で指定できるみたいだけど、configで指定しないとダメなのかな。コマンドラインオプションで渡せないっぽい。

ライトニングトーク

@CLCLCLさん
  • 印刷屋から転職
    • 東京来て半年
  • 時間ごとにtweetするアプリ
    • Twitterアカウント8個
    • YAMLで設定
    • Any::Event
    • daemonとして動く
  • 業務アプリの話
    • 宅配荷物の確認
    • 件数が多いと難しい
    • 自動化で解決
  • 家で開発->CPANおk
    • WebService::KuronekoYamato(|SagawaKyubin|NiigataUnyu)
    • cronで巡回
  • 黄色い本からスクレイピング
    • 会社名とか社長名とか…
    • 読み出せないものも
    • jpeg…orz
    • でも大体スクレイピングできる
    • お手紙だそう!
  • 業務用もウェブアプリ化しよう!

色々やばい(?)話もありつつ、業務で使うものも自動化して効率をあげようというお話。個人的には佐川さん使ったりしているのでとても気になりました。参考にしてなにか書いてみようかな。

@toku_bassさん

ライブコーディング。まずは簡単なPSGIアプリを書き始めて、次第に肉付けしていく形でRouter::Simpleを使ったPSGIアプリへと仕上げていく感じ。最初の方は写経しつつ見ていたのですが、途中で諦めました(汗。タイムアップ時に動かないというオチがありましたが、ライブでコーディングとかシビレますね。こういうの出来るようになったら面白いだろうな。

途中まで書いたコードはこんな感じ。

#!/usr/bin/env perl
use strict;
use warnings;
use Router::Simple;
use Router::Simple::Declare;

my $router = router {
  connect '/api/post/{id}', { c => 'MyApp::Api', a => 'post'};
};
my $app = sub {
  my $env = shift;
  my $p = $router->match($env);
  my $controller = $p->{c};
  my $action = $p->{a};

  my $res = $controller->new($env)->$action;
  

  # [200, [], ['hello']];
};
@dokechinさん
  • Mojolicous
    • Bootstrap付いてない
    • ダウンロード面倒くさい
    • コマンドあるよ!
    • Mojolicous::Command::generate::bootstrap
    • $ mojo generate app MyApp
    • $ cd MyApp
    • $ mojo generate bootstrap
    • (゚д゚)ウマー
  • Bootstrap Form Builder
    • フォーム生成
    • ドラッグ&ドロップで出来る
    • HTMLソース吐く
  • MojoHel
    • Bootstrap Form Builderのfork
    • .epテンプレートのソースを吐く
    • バリデーションはForm::Validator::Lite
    • 手軽に使える

ボクもMojolicious + Bootstrapで作ったりするのでMojoHel便利そう!って思いました。意外とフォーム周りは書くのが面倒なので。使わせて頂きます。今後はこういう役に立つツールも作って行かないとね。

@ytnobodyさん
  • 無料ホームページ
    • 懐かしい
    • 単純なPSGIアプリ動作させる
  • TOK2.com
    • cgiおk
  • github
    • TOK2PSGI-examle
    • コマンド叩ける
    • plack入れる
    • notest必要
  • サーバスペック
    • i386
    • CentOS5.8
    • HDD500GB
    • perl5.8.8
    • 文字コードeuc-jp
    • 大抵のモジュール入りそう
  • 悪用厳禁w
  • Beginnersでの発表としては難しい内容になってしまった
    • cgi => webアプリの一つ
    • psgi => すごいcgi(のようなもの)

レンサバ環境でPSGIアプリを動かすというHackというかTipsというか、のお話。コマンドを叩くcgiを作るところから始めるというすごく面白い発想です。確かに悪用厳禁ですが(笑 こういう面白い発想最近全然してないと反省しました。

@moznionさん
  • perl入学式ある
    • でも一杯
  • Acme::24
    • 大好き
  • metacpan
    • 超見やすい
    • metacpanのリンク貼らないとdisられる。
    • apiあるよ
    • 便利
  • Bundle::Acme::Everything
    • Acmeモジュール全部欲しい。
    • $ bundle_acme_everything
    • Acme以下のモジュールをガッと全部インストール
    • metacpanのAPI叩く
  • Bundle::Namespace::Everything
    • 改良版
    • $ bundle-namespace-every Net
    • Net以下のモジュールを全部インストール

metacpanの話。ググっている時にたまたま見ている(と思う)けど、CPANよりmetaCPANの方が見やすい&便利かも。これぞLTって感じのテンポの良い話し方・スライドの送り方でした!非常に参考になります。こういうテンポのLTが出来るようになりたいな。

懇親会

別名ガチホモ合コンというらしいです。帰りの時間とかギリギリになりそうだけど、早めに切り上げれば何とかなりそうだったのでエントリ。せっかく東京まで来たんだしね。

普段Perlな人と触れ合うこともないので、エラー時の行番号の話とか、テストの話とか、ピザ.pmの話とか、etc…。いろいろな話が聞けたのでやっぱり参加してよかった。静岡まで帰る@dokechinさんのお陰であと30分居ようという誘惑に勝てました。もっと飲みたかった!

その他

今回のテーマは「webアプリ(CGIでも可)」という事で、行きたい衝動は大きいのだけれど月末金曜というスケジュール。ギリギリまで迷った挙句、勢いでエントリー。東京の勉強会とか初めてだし、Perl書いているけどPerlの勉強会って初めてなのでとにかく勢いで。

始まる前に電波悪いので窓際がいいよ!って話でしたが、iPhone5(SB)のテザリングで快適に過ごせました。初めて会う方の前でLTも出来たし、少しでも世界が広がったので行ってみてよかったです。

また機会があれば行きたいな。


Filed under: 勉強会

Trackback Uri






2013年 3月 31

会場には一番乗りで到着しました。スマホのお陰で電車も会場も迷うこと無く到着。ホント便利な世の中になりました。Perl Beginnersのブログを読むと、時間が余った場合は飛び込みLT募るとの事で、スライド用意して行ったのですが、一発目に発表になるとは…。

スライド

補足

Luigi.pm使っているという話。実は内部でLingua::JA::Expandっていう関連語を手軽に取得できるモジュールが使われているのだけれど、これYahoo!の検索API叩いています。で、Yahoo!の検索APIが2013年3月31日までで使用変更が決まっており、新しいAPIにはまだ対応していないという問題があります。

で、この問題に対処するため応急処置的に Lingua::JA::Expand::DataSource::GoogleWebSearch とか作って使っていることは内緒です。これはWeb::Scraper使ってごにょごにょするだけのモジュールですが、botでのアクセスの問題とかあるので使わほうが吉かも。

質問

緊張しててハッキリ覚えていないけれど以下の感じ。

  • マッチ度合いはどの程度か?
    • 個人的な感想ではそこそこ。J◯では◯◯◯◯とか、◯ー◯では◯◯◯とかごにょ。
  • どこにホストしているか?
    • 某社のクラウド。クラウドだと急な負荷でも対応できて楽。
  • 開発期間は?
    • なんだかんだ半年位。試したり、テスト書いてみたり、POD書いてみたり…。
  • 儲かりまっか?
    • 前に作ったサービスの広告を消化する媒体なので…ごにょごにょ。

RoRで作りました!的なエントリーに触発されて、という話とか出来なくて残念。Perlで作ったよ、最近のPerlなら簡単だよ!的な話が出来ればよかったのだろうけど。

ちなみにハラダのラスクを持参したのですが、群馬だと並ばずに買えます!って言おうとしたらあまり知らなかったようで…。グンマー人の朝食はハラダのラスク、昼食は登利平って決まってますからね。ソウルフード。あと、図々しくもGunma.web #13の告知もさせて頂きありがとうございました。

レポートは別エントリーにて。


Filed under: 勉強会

Trackback Uri






2013年 3月 31

2013/03/23 群馬SKYHOME

今回はMarkdownから始まり、Haml/Slim、Sass/Scss、middlemanと勉強してきました。

Markdown

前々から気になっていたのですが、中々試すことが出来なくて後回しになっていました。こういうキッカケがると本当に助かります。

という事で、早速このブログもWordPressのプラグイン「Markdown on Save Improved」を使ってMarkdownで書くことにしました。今まで見出しタグとか書いていたのですが、Markdownならそんな必要も無いので楽ですね。エントリー書くスピードも、気力も上がったような気がします。

これでgithubのREADME.mdとか書けるようになるといいな。

Haml/Slim

Rubyのテンプレートエンジン(の一つ)詳しい記法などはこちらを見て頂くとして、特徴はHTML書く時に閉じタグが不要という事。エディタの補完機能(zencodingとか)使えばいいじゃね?ってのもあるけれど、見通しはよくならないので選択肢の一つとしてありなんじゃないかな。

なんかすごくよさそうなのでPerlでも使えないかと探してみた。

Hamlはあったのだけれど、Slimは見つからない。Hamlの方も完全互換ではないみたい。だけど、Hamlっぽいテンプレートが使えればHTMLタグを書かなくて済むようになるかも。後でチェックしてみる。キャッシュ機能も備えているっぽい。

Sass/Scss

  • CSSプリプロセッサ
  • 変数とか条件式とか入れ子構造が使える

計算式も使えるのでハイライトとか便利そう。時間が無かったので軽く触った感じで。

middleman

  • 静的サイト生成ツール
  • 今回勉強したテンプレートエンジンの他にも色々なものが使える
  • Cofeescriptとかもおk
  • 基本的にはコマンドラインが必要だけれど、難しくないので是非チャレンジしよう!

ただし、時間がなかったためこちらも軽く触る程度。要復習。

ドキュメント

主催の寺嶋さんが日本語訳しています。@yterajima++


Filed under: 勉強会

Trackback Uri