カテゴリー
LINUX

同一ディレクトリ内の配下に作成出来るディレクトリ数制限

ディレクトリ配下に作成出来るファイル数制限

以前調べた事があるディレクトリ配下に作成出来るファイル数の制限。これは、linux上でディレクトリ内に作成できる最大ファイル数は1万から1.5万だが実際は5000個くらいでやめておいたほうが にあるように5000程度にした方が無難と言うことは知っていた。
しかし、ディレクトリ数は制限無いと勝手に思っていたのでふと調べる事にした。

ディレクトリ配下に作成出来るディレクトリ数制限

調べてみるとこちらにも制限があるようだ。Linux で作成できるディレクトリ数上限 によると

Linuxで一般的に使われるファイルシステムは ext3 ですが、このext3ファイルシステム
でひとつのディレクトリの下に並べることができるディレクトリの上限は、32000 です。
(ディレクトリを変更しないでmkdirを何回までできるかってことです。)
「/usr/include/linux/ext3_fs.h 」に、「#define EXT3_LINK_MAX 32000」の定義がありここが元となっています。

とある。centOSのファイルシステムはext3なのでこれが適用されると思われる。嗚呼、マジですか。現在運用しているWebアプリケーションにバカバカディレクトリを作成する仕様のものがありますよ、はい。と、いう事は後で作り直さないといけないのか・・・。

そういえばディレクトリってGUIになれてると普通に封筒のような感覚だけど、ただのファイルだという記事を読んだ事があるような、ないような。

ちなみに最新のファイルシステム(xfsとか)では大丈夫らしい。はぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください