サーバ管理

1/14ページ

ValueDomainでDNS管理しているドメインをさくらのクラウドのDNSを使ってLet’s Encrypt(certbot)のワイルドカード証明書を発行&自動更新 @Ubuntu+Nginx

主にDigitalOceanのエントリの内容にワイルドカード証明書を作るための作業を付加したもの。参考エントリをかいつまんでまとめた作業。 環境 Ubuntu 20.04 Nginx 1.18.0 下準備 さくらのクラウドでDNSゾーンの作成 バリュードメインにDNSレコード追加 さくらのクラウドでAPIキー作成 さくらのクラウドでDNSゾーンの作成 1DNSゾーン 44円/月のコストパフォーマンス 他のレコードもそのうち引越す DNSはバリュードメインで管理していたけど、この価格なら全て引っ越してもよいかも。とりあえずはacmeチャレンジのみ行う。 バリュードメインにDNSレコード追加 _a […]

Ubuntu 20.04でcertbotを使ってLet’s EncryptでSSLしてみた

初めてcertbotを使ってSSL対応してみた。その前に超レガシーなサーバをubuntuに移行しているのだけれどそのエントリーは無し。 サーバの移行時にwebサーバを変えようかと思ったけど、まぁまぁ面倒なので結局Apacheにした。チョッパヤのLiteSpeedっていうのが流行っているみたいだけど。 肝心の導入は、下記の記事の通りやれば簡単に導入できる。ハマりどころは特に無いと思うけど、DNSの設定を先にしておかないとエラーになる。 Ubuntu 20.04でLet’s Encryptを使用してApacheを保護する方法 | DigitalOcean という訳でこのブログも無事HTTPSでアク […]

MAMP3.xのcURLをアップグレードして延命する

環境 macOS Catalina(10.15.3) MAMP 3.0.7.3 なぜMAMP3.x? MAMP4系以上はphp7が標準で、php5系を使うのが面倒そう。レガシー。 PHPのHTTPS通信、SSL暗号方式をTLS1.2に対応させてみた - ノラプログラマーの技術メモ にあるけど、 TLS1.2に対応するためには、cUrlのバージョンが7.34.0以上かつOpenSSLのバージョンが1.0.1以上でなければならない これに対応するだけのために2日間つぶした。 手順 大体以下のページの通り php - How to upgrade OpenSSL in MAMP - Stack Ov […]

Macのvi / vimでテンキーが使えない問題の解消法

Yosemiteにしてから(?)ターミナルで作業する時にvi(vim)を使うとテンキーが使えない問題に悩んでいた。検索したけど中々解決しなくて放っておいたのだけど、久しぶりに調べたら良記事を発見した。 コードの記憶 Macのvimとテンキーの問題 どうやらターミナルの設定に問題があったらしい。 「設定 > プロファイル > 詳細」にある VT100アプリケーションのキーパッドモードを許可 にチェックが入っているのが原因だったようだ。 チェックを外したらviでテンキーが使えるようになった。地味に不便だったから助かった。

[メモ] 迷惑メール対策 SPFの書き方など

同サイトのページだが探しにくいのでメモ。 SPF(Sender Policy Framework) : 迷惑メール対策委員会 SPFの歴史的背景や、SPF設定時のプロパティの解説や記述例。 間違いから学ぶSPFレコードの正しい書き方 : 迷惑メール対策委員会 SPFレコードを設定する際に間違いやすい例を参考に解説。

1 14