Tag: Mac



2013年 3月 26

最近の勉強会でMarkdownで書け!って教わったのでブログもテキストもMarkdownで書くように試しているのだけれど、愛用しているSublime Text2でプラグイン探したら便利なのがあった。

Markdown Preview plugin

Sublime Text2で編集すれば保存しなくてもリアルタイムでプレビュー出来るすぐれもの。こんな風にエディタとブラウザを並べて表示しておけばとても便利。

sublime text2 + markdown prevew plugin

素晴らしいプラグインです。

インストール

コマンドパレットから簡単にインストール出来ます。

  1. ⌘ + P で install を入力して選択。
  2. Markdown Preview を入力して選択。

これだけ。

プレビューのショートカット

⌘ + option + O(オー)でブラウザが開いてプレビューできる


Filed under: Mac,開発環境

Trackback Uri






2013年 3月 24

シャレオツなMacBookユーザーはUSキーボードと決まっていますが、日本語入力する時にはちょっとした設定で使いやすくなります。新しいMacBookがきたので、設定し直すついでに忘れないようにメモ。

IME関連、キーボードショートカットの設定

ガチで便利!Mac歴100年の僕が最強だと思う、US配列キーボードの日本語入力環境設定 – Moxbit

  1. “CapsLock”キーを”Control”キーに割り当てる
  2. Google 日本語入力』を導入する
  3. 使用しないIMEを無効にする

必須な手順です。自分の場合はことえりは全部無効にして、google日本語入力ではひらがなのみにチェックを入れています。caps lockをcontrolキーに割り当てると開発者向けなのではないでしょうか?左下よりも押しやすいし。

“CapsLock”キーを”Control”キーに割り当てる

caps look to control

使用しないIMEを無効にする

google日本語入力の設定
ことえりの設定

日本語入力に必須!コマンドキーを 英数/かな 切り替えボタンにする KeyRemap4MacBook

USキーボードを使う上で絶対に必要なアプリ。自分の場合は左⌘キーで「英数」、右⌘キーで「かな」になるモード(今はデフォルト?)で使っています。英数/かな切り替えに⌘+スペースキーはメンドクサイ…。ホントに神アプリです。

KeyRemap4MacBook
公式ページにも記載されていますが、10.8の場合はセキュリティー上の関係でダブルクリックではインストール出来ません。右クリックまたはcontrol+クリックでメニューを選ぶ必要があります。
エラー
インストール方法

結構細かい設定も出来るみたいですけど、あまりイジっていません。とりあえずデフォルトで使ってみて、気になる所があれば For Japaneseのところを設定してみるといいと思います。
KeyRemap4MacBook

参考:


Filed under: Mac

Trackback Uri






2012年 12月 21

とりあえずwebアプリ制作において開発環境からメール送信できればいいのでそれなりの設定です。
本格的なメールサーバーとしては運用できませんのであしからず。

OP25Bとは

主要プロバイダを使っている場合はほぼ対策しなくてはメールが送れません。なぜならプロバイダが25番ポートでの接続を遮断してしまうからです。25番ポートを使った通信が出来ません。
対策としては契約しているプロバイダ経由でメールを送ります。

OP25Bの確認
OP25B(Outbound Port 25 Blocking)対策 – CentOSで自宅サーバー構築

$ telnet smtp.gmail.com 25
Trying 74.125.25.108...
telnet: connect to address 74.125.25.108: Operation timed out
Trying 74.125.25.109...

こうなったらOP25Bの影響を受けています。
⌘(command)+. あるいは control+c で止めましょう。

587番ポートなら接続可能です。

$ telnet smtp.gmail.com 587
Trying 74.125.25.108...
Connected to gmail-smtp-msa.l.google.com.
Escape character is '^]'.
220 mx.google.com ESMTP n11sm6774215pby.67
quit

SMTP AUTHの設定

プロバイダの…と書いていますが、自サーバのメールサーバ使った設定にしてしまいます。
※プロバイダ経由の場合の設定ははココが参考になると思います。

  • 自分のための日記: Mac OS X で mail コマンドでメールを送る
  • $ sudo vi /etc/postfix/sasl_passwd
    [smtp.clicktx.jp]:587 myname@clicktx.jp:password
    
    $ sudo postmap /etc/postfix/sasl_passwd

    ※ /etc/postfix/sasl_passwd.db というファイルが出来ます。

    main.cfの設定

    postfixの設定ファイルmain.cfを編集します。

    $ sudo vi /etc/postfix/main.cf

    該当箇所に追記or修正

    relayhost = [smtp.clicktx.jp]:587

    最終行に追記

    # Enable SASL authentication in the Postfix SMTP client.
    smtp_sasl_auth_enable=yes
    smtp_sasl_password_maps=hash:/etc/postfix/sasl_passwd
    smtp_sasl_security_options=
    smtp_sasl_mechanism_filter = plain

    postfixの起動またはリロード

    $ sudo postfix start
    $ sudo postfix reload

    メール送信テスト

    $ mail xxx@hoge.com(宛先)
    Subject: テストメール
    テストメール
    .

    参考

  • Postfix から Gmail 経由でメールを送る – 冒険するコンピューティング
  • Gmail Email Relay using Postfix on Mac OS X 10.5 Leopard « Riverturn Blog

  • Filed under: Mac,postfix,開発環境

    Trackback Uri






    2012年 8月 1

    mac用の Apple Keyboard はキーが白で汚れがとても目立ちます。
    この汚れが意外としぶとくてなかなか落ちません。

    この汚れをいとも簡単にキレイにしてくれるのが、家庭用洗剤の「マジックリン」
    マジックリン

    この洗剤ハンパないです。

    キーボードを掃除するにはタオル等柔らかい布に半プッシュ位をつけて、軽く「撫で」ましょう。ホントに撫でるだけで簡単に汚れが落ちます。

    あ、手荒れを防ぐためにゴム手袋の着用をオススメします。

    全部のキーの汚れを落としたら、硬く絞った水拭きで仕上げましょう。

    Before

    before

    こんなに薄汚れたボクでも…

    After

    after

    純白の君とまた戯れることができてとても嬉しいよ…。

    注意書きにアルミ製品は変色する事がある、とあるのでキーの表面だけに使用すること。アルミ部についてしまったらよく水拭きしましょう。


    Filed under: Mac,雑記

    Trackback Uri






    2012年 5月 9

    ※一番下の追記にありますが、Homebrewでインストールできるようになってます(2012/5/29リリース)

    MySQL5.5のインストール

    MANPでMySQL使えるんだけど、mroongaを(ローカルテストでも)使いたいので別にMySQLをインストールする。

    ただしMySQLのバージョンは5.5をインストールしたいのでコマンドはこんな感じに。
    mysql5 +server としてしまうとMySQL5.1.6が入ります。

    MacBook:~ clicktx$ sudo port install mysql55 +server
    Password:
    --->  Deactivating mysql55 @5.5.23_0
    --->  Cleaning mysql55
    --->  Uninstalling mysql55 @5.5.23_0
    --->  Cleaning mysql55
    MacBook:~ clicktx$ sudo port install mysql55 +server
    --->  Computing dependencies for mysql55
    --->  Fetching archive for mysql55
    --->  Attempting to fetch mysql55-5.5.23_0.darwin_10.x86_64.tbz2 from http://packages.macports.org/mysql55
    --->  Fetching mysql55
    --->  Verifying checksum(s) for mysql55
    --->  Extracting mysql55
    --->  Applying patches to mysql55
    --->  Configuring mysql55
    --->  Building mysql55
    --->  Staging mysql55 into destroot
    --->  Installing mysql55 @5.5.23_0
    The mysql55 client has been installed.
    To install the mysql55 server, install the mysql55-server port.
    --->  Activating mysql55 @5.5.23_0
    --->  Cleaning mysql55
    

    MySQLの初期化

    • mac OSXの場合はmysqlユーザーは作成済みなので改めて作成する必要はない。
    • 実際は_mysql?mysqlでユーザー指定しても_mysqlで処理される。
    MacBook:~ clicktx$ sudo -u mysql /opt/local/lib/mysql55/scripts/mysql_install_db
    Password:
    Installing MySQL system tables...
    OK
    Filling help tables...
    OK
    
    To start mysqld at boot time you have to copy
    support-files/mysql.server to the right place for your system
    
    PLEASE REMEMBER TO SET A PASSWORD FOR THE MySQL root USER !
    To do so, start the server, then issue the following commands:
    
    /opt/local/lib/mysql55/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'
    /opt/local/lib/mysql55/bin/mysqladmin -u root -h MacBook.local password 'new-password'
    
    Alternatively you can run:
    /opt/local/lib/mysql55/bin/mysql_secure_installation
    
    which will also give you the option of removing the test
    databases and anonymous user created by default.  This is
    strongly recommended for production servers.
    
    See the manual for more instructions.
    
    You can start the MySQL daemon with:
    cd /opt/local ; /opt/local/lib/mysql55/bin/mysqld_safe &
    
    You can test the MySQL daemon with mysql-test-run.pl
    cd /opt/local/mysql-test ; perl mysql-test-run.pl
    
    Please report any problems with the /opt/local/lib/mysql55/bin/mysqlbug script!

    MySQLを起動する

    MacBook:~ clicktx$ sudo /opt/local/share/mysql55/support-files/mysql.server start
    Starting MySQL
    ... ERROR! The server quit without updating PID file (/opt/local/var/db/mysql55/MacBook.local.pid).
    

    そのまま起動すると上記のようにエラーとなってしまう(自分の環境だけ?)

    デフォルトでは /opt/local/var/run/mysql55 以下にソケットファイルを作成するらしく、フォルダが無いので作成する。アクセス権も777を与える。

    MacBook:~ clicktx$ sudo mkdir -m 777 -p /opt/local/var/run/mysql55

    改めてMySQLを起動。

    MacBook:~ clicktx$ sudo /opt/local/share/mysql55/support-files/mysql.server start
    Starting MySQL
    .. SUCCESS! 

    成功

    参考:

  • Mac OS X に MacPorts で MySQL をインストールする – make world
  • MacPortsを使ってMySQL 5をインストールする – めも帖
  • mroongaのインストール

    2. インストールガイド — mroonga v2.02 documentation

    2.11.3. 前提条件
    MySQLおよびgroongaが既にインストールされている必要があります。
    またmroongaをビルドするためにはMySQLのソースコードも必要です。

    先日groongaはインストール済み。

    先程MacPortsでインストールしたMySQLのでソースは
    /opt/local/var/macports/distfiles/mysql55/mysql-5.5.23.tar.gz
    かな?

    作業スペースを~/src にする。
    まずは作業スペースとなるsrcフォルダを作成。

    MacBook:~ clicktx$ mkdir ~/src

    MySQLのソースファイルを ~/src にコピーして解凍する

    MacBook:~ clicktx$ cp /opt/local/var/macports/distfiles/mysql55/mysql-5.5.23.tar.gz ~/src/mysql-5.5.23.tar.gz
    MacBook:~ clicktx$ cd src/
    MacBook:~ clicktx$ tar xzvf mysql-5.5.23.tar.gz

    mroongaをダウンロード&解凍

    MacBook:src clicktx$ wget http://cloud.github.com/downloads/mroonga/mroonga/mroonga-2.02.tar.gz
    MacBook:src clicktx$ tar xzvf mroonga-2.02.tar.gz 
    

    mroongaをビルドする

    MacBook:src clicktx$ cd mroonga-2.02
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ ./configure PKG_CONFIG_PATH=/opt/local/lib/pkgconfig --with-mysql-source=$HOME/src/mysql-5.5.23 --with-mysql-config=/opt/local/lib/mysql55/bin/mysql_config
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ make

    makeでコケる…
    googleで漁っているとこんなの発見。
    installing mroonga on Mac OS X Lion — Gist
    早速試してみる。

    MacBook:~ clicktx$ cd ~/src/mysql-5.5.23/include
    MacBook:include clicktx$ ln -s probes_mysql_nodtrace.h probes_mysql_dtrace.h
    MacBook:include clicktx$ cd ~/src/mroonga-2.02
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ aclocal -I /opt/local/share/aclocal
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ automake -a
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ autoconf
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ autoheader
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ automake -a
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ ./configure PKG_CONFIG_PATH=/opt/local/lib/pkgconfig --with-mysql-source=$HOME/src/mysql-5.5.23 --with-mysql-config=/opt/local/lib/mysql55/bin/mysql_config --with-mecab
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ make

    コケる…

    mroongaをMac OSXでビルドするためのアドホックなパッチを書いてみた « いわぶろ(ろてん)
    ココらへんに解決策?もう神頼み。
    https://gist.github.com/1015079 を参考に、~/src/mroonga-2.02/ha_mroonga.cpp っていうファイルの560行目付近に

    static_cast(static_cast(pthread_self())),

    っていう箇所があるから、

    static_cast(static_cast((unsigned long int)pthread_self())),

    に修正。
    pthread_self で検索すると修正箇所がすぐ分かる。

    修正した後にmakeしたら見事成功。

    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ sudo make install
    .....
    libtool: install: ranlib /opt/local/lib/mysql55/plugin/ha_groonga.a

    インストールできたぽい。

    公式ガイドに

    その後、mysqldを起動し、mysqlクライアントで接続して”INSTALL PLUGIN”コマンドでインストールします。

    とあるので、MySQL起動してインストール&確認。

    MacBook:~ clicktx$ sudo /opt/local/share/mysql55/support-files/mysql.server start
    MacBook:~ clicktx$ /opt/local/lib/mysql55/bin/mysql -u root
    mysql> INSTALL PLUGIN mroonga SONAME 'ha_mroonga.so';
    Query OK, 0 rows affected (0.48 sec)
    
    mysql> SHOW ENGINES;
    +--------------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
    | Engine             | Support | Comment                                                    | Transactions | XA   | Savepoints |
    +--------------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
    | CSV                | YES     | CSV storage engine                                         | NO           | NO   | NO         |
    | PERFORMANCE_SCHEMA | YES     | Performance Schema                                         | NO           | NO   | NO         |
    | InnoDB             | DEFAULT | Supports transactions, row-level locking, and foreign keys | YES          | YES  | YES        |
    | MyISAM             | YES     | MyISAM storage engine                                      | NO           | NO   | NO         |
    | MRG_MYISAM         | YES     | Collection of identical MyISAM tables                      | NO           | NO   | NO         |
    | MEMORY             | YES     | Hash based, stored in memory, useful for temporary tables  | NO           | NO   | NO         |
    | mroonga            | YES     | CJK-ready fulltext search, column store                    | NO           | NO   | NO         |
    +--------------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
    7 rows in set (0.00 sec)

    なんとか入ったみたい。
    苦労した…。

    なお参考ブログに

    なお,MySQLへの組み込み後の動作については,何も確認を行っていないのであしからず,です.(影響があるとしても,ログ出力部分だけ?)

    とあるように、とりあえずmake出来て、インストールまでこぎつけたってシロモノです。

    追記:2012/6/2
    エラーが出た時にはこちらが参考になります。
    MySQL の INSTALL PLUGIN に失敗する時の処方箋(mroonga-1.20編) – よし研 -日々クリエイション-

    また、mroongaはHomebrewでインストールできるようになったみたいです。こちらの方が簡単でしょう。MacPorts使っているボクは負けg(ry
    mroonga 2.03リリース


    Filed under: Mac,MySQL,インストールメモ,開発環境

    Trackback Uri