プログラミング



2020年 3月 20

とある事情でMAMPのバージョンを上げざるを得なく、その影響でDBD::mysqlがインストール出来なくなった。

mampな環境のmacにdbdmysqlをインストールの手順だとエラーが出る。(正確に言うと、/tmpが残っている間は成功する)

上記手順でbuildしたものを削除してからcarton installした時のログ

実行環境
macOS Catalina 10.15.3
MAMP 3.5.2
MySQL 5.5.42

Searching DBD::mysql on mirror index /Users/clicktx/***/***/***/local/cache/modules/02packages.details.txt ...
--> Working on DBD::mysql
Fetching http://cpan.metacpan.org/authors/id/D/DV/DVEEDEN/DBD-mysql-4.050.tar.gz
-> OK
Unpacking DBD-mysql-4.050.tar.gz
Copying DBD-mysql-4.050.tar.gz to /Users/clicktx/***/***/***/local/cache/authors/id/D/DV/DVEEDEN/DBD-mysql-4.050.tar.gz
Entering DBD-mysql-4.050
Checking configure dependencies from META.json
Checking if you have DBI 1.636 ... Yes (1.639)
Checking if you have ExtUtils::MakeMaker 6.58 ... Yes (6.98)
Checking if you have Data::Dumper 2.172 ... Yes (2.172)
Checking if you have Devel::CheckLib 1.09 ... Yes (1.14)
Configuring DBD-mysql-4.050
Running Makefile.PL
I will use the following settings for compiling and testing:

  cflags        (mysql_config) = -I/Applications/MAMP/Library/include/mysql -fno-omit-frame-pointer   -g -DNDEBUG
  embedded      (mysql_config) = 
  ldflags       (guessed     ) = 
  libs          (mysql_config) = -L/Applications/MAMP/Library/lib -lmysqlclient -lz
  mysql_config  (environment ) = /Applications/MAMP/Library/bin/mysql_config
  nocatchstderr (default     ) = 0
  nofoundrows   (default     ) = 0
  nossl         (default     ) = 0
  testdb        (environment ) = test
  testhost      (environment ) = localhost
  testpassword  (environment ) = root
  testport      (environment ) = 3306
  testsocket    (default     ) = 
  testuser      (environment ) = root

To change these settings, see 'perl Makefile.PL --help' and
'perldoc DBD::mysql::INSTALL'.

Checking if libs are available for compiling...
dyld: Library not loaded: /tmp/mysql-5.5.42/libmysql/libmysqlclient.18.dylib
  Referenced from: /Users/clicktx/.cpanm/work/1584659015.38984/DBD-mysql-4.050/assertlibBS_L2R_L
  Reason: image not found
wrong result: 'mysqlclient'
-> N/A

手順変更

/Applications/MAMP以下にbuildしたMySQLを残しておく手順に変更。

実行したcommand

$ mkdir -p /Applications/MAMP/Library/src
$ cd /Applications/MAMP/Library/src
$ wget http://downloads.mysql.com/archives/mysql-5.5/mysql-5.5.42.tar.gz
$ tar zxvf mysql-5.5.42.tar.gz
$ rm -f mysql-5.5.42.tar.gz
$ cd mysql-5.5.42
$ cmake . \
    -DMYSQL_UNIX_ADDR=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock \
    -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/Applications/MAMP/Library
$ make -j 3
$ cp -v libmysql/*.dylib /Applications/MAMP/Library/lib
$ mkdir -p /Applications/MAMP/Library/include/mysql
$ cp -v include/*.h /Applications/MAMP/Library/include/mysql

.bash_profileに追加するもの

# export path for MAMP
export PATH="$PATH:/Applications/MAMP/Library/bin/"
export DBD_MYSQL_CFLAGS=-I/Applications/MAMP/Library/include/mysql
export DBD_MYSQL_LIBS="-L/Applications/MAMP/Library/bin/mysql -lmysqlclient"
export DBD_MYSQL_EMBEDDED=
export DBD_MYSQL_CONFIG=/Applications/MAMP/Library/bin/mysql_config
export DBD_MYSQL_NOCATCHSTDERR=0
export DBD_MYSQL_NOFOUNDROWS=0
export DBD_MYSQL_SSL=
export DBD_MYSQL_TESTDB=test
export DBD_MYSQL_TESTHOST=localhost
export DBD_MYSQL_TESTPORT=3306
export DBD_MYSQL_TESTUSER=root
export DBD_MYSQL_TESTPASSWORD=root

Filed under: Mac,MySQL,perlモジュール,開発環境

Trackback Uri






2020年 3月 3

環境

  • macOS Catalina(10.15.3)
  • MAMP 3.0.7.3

なぜMAMP3.x?

MAMP4系以上はphp7が標準で、php5系を使うのが面倒そう。レガシー。

PHPのHTTPS通信、SSL暗号方式をTLS1.2に対応させてみた – ノラプログラマーの技術メモ にあるけど、

TLS1.2に対応するためには、cUrlのバージョンが7.34.0以上かつOpenSSLのバージョンが1.0.1以上でなければならない

これに対応するだけのために2日間つぶした。

手順

大体以下のページの通り

php – How to upgrade OpenSSL in MAMP – Stack Overflow
lunr/mamp-curl-tls: Instructions to upgrade MAMP to use OpenSSL 1.0.2 to support TLS 1.2 connections

  • post時点でbrewでインストール出来るopensslのバージョンは1.1.1で、上記手順ではうまく行かない。
  • MAMP3.0系ではcurlのバージョンが低すぎてうまく行かないため、3.5系にupgradeする必要がある

やったこと

程よいバージョンのMAMPとcurlとopensslが必要。高過ぎず低すぎず。

  • openssl 1.0.2のビルド&インストール
    • 1.0.1だとうまく行かない(うろ覚え)
  • ビルドしたopensslを使用したcurl 7.43.0のビルド&インストール

MAMP

Downloads (older versions) – MAMP & MAMP PRO

から3.5.2をダウンロード&インストール。

openssl

https://www.openssl.org/source/old/あたりから1.0.2のソースをダウンロード。
通常は使わないので、MAMP以下(/Applications/MAMP/Library/lib/openssl)にインストールしておく。

64bitなので./configureではなく./Configureを使わなくてはだめらしい。

cd ~/Downloads
wget https://www.openssl.org/source/old/1.0.2/openssl-1.0.2u.tar.gz
tar zxvf openssl-1.0.2u.tar.gz

cd ~/Downloads/openssl-1.0.2
./Configure darwin64-x86_64-cc --openssldir=/Applications/MAMP/Library/lib/openssl

make
make install

curl

下準備

curlバージョン確認
https://github.com/lunr/mamp-curl-tls#3-check-the-curl-version-included-with-mamp

/Applications/MAMP/Library/bin/curl-config --version
libcurl 7.43.0

CA/CertificateをMAMPに設置する
https://github.com/lunr/mamp-curl-tls#5-download-ca–certificate-bundles-and-extract-into-mamp

cd ~/Downloads
wget https://github.com/lunr/mamp-curl-tls/raw/master/ca-bundle.tgz
tar zxvf ca-bundle.tgz -C /Applications/MAMP
curlをインストール

https://curl.haxx.se/download/から該当するバージョン(7.43.0)をダウンロード。

cd ~/Downloads
wget https://curl.haxx.se/download/curl-7.43.0.tar.gz
tar zxvf curl-7.43.0.tar.gz

cd ~/Downloads/curl-7.43.0
./configure --prefix=/Applications/MAMP/Library --with-ssl=/Applications/MAMP/Library/lib/openssl/ --with-ca-path=/Applications/MAMP/etc/openssl/certs --with-ca-bundle=/Applications/MAMP/etc/openssl/certs/ca-bundle.crt

make
make install

諦めたこと

  • brewで特定のバージョン(openssl)をinstall
    • gitログを辿ってやるしかないっぽい。面倒

雑感

モダンな開発環境に変えたい。


Filed under: インストールメモ,開発環境

Trackback Uri






2017年 6月 30

Mojolicious::Validator::Validation – Perform validations – metacpan.org

Mojolicious純正のフォームバリデーションを使う上で気を付ける点を書き留めておく。Mojolicious::Plugin::TagHelpersとも相性良いし(当たり前)、活用すべき。

my $validation = $c->validation;
$validation->required('name')->like(qr/hoge/);
$validation->optional('name2', 'trim')->like(qr/hoge2/);

バリデーション

required()又はoptional()から始める

$validation->required('name')又は$validation->optional('name')から始める。メソッドチェーンでもいいし、都度バリデーションメソッドを呼んでも良い。

  • requidedかoptionalを呼んだ時点でバリデーション対象のfieldが切り替わる。
  • 現在バリデーション対象になっているfieldは$validation->topicで取得できる。

filterはrequired()又はoptional()の第2引数以降で指定する

※ Mojolicious v6.41以降

$validation->required( 'name', 'filter1', 'filter2', ... );
$validation->optional( 'name', 'filter1', 'filter2', ... );

DB等へ保存する値は$validation->outputの値を使う

$c->req->paramsの値はリクエスト時の値なのでDB等に値を保存する場合には使用しない。

  • 特にfilterを使う場合は注意が必要。
  • filter適用後の値は$validation->outputに収納されている。
my $hash_ref = $validation->output;
my $value = $hash_ref->{name};

my $scalar = $validation->param('name');
my $array_ref = $validation->every_param('name');

フィルター

フィルインフォーム

タグヘルパーを使うとfill-in formしてくれるけど、値にフィルターを適用する場合は注意が必要。

  • バリデーション実行時に$c->param()でリクエストパラメータの値の書き換えが必要。
    • タグヘルパーの値補完にはreq->paramの値が使われる
バリデーションも同時に行っている場合

バリデーションエラーがあるとvalidation->param()がundefを返すのでバリデーションエラーがない時だけ書き換える…としなくてはならない。

my $validated_email_value = $c->validation->param('email');
$c->param( email => $validated_email_value ) if $validated_email_value;

独自のバリデーションを追加する

$validation->validator->add_check( name => sub {} )

独自のフィルターを追加する

$validation->validator->add_filter( name => sub {} )

Filed under: Mojolicious,perl

Trackback Uri






2017年 6月 28

開発中に現在行っている作業とは別のバグや修正箇所を思いつき、忘れないようにとりあえずfeature-xxx branchを作成しておくって事をよくやる。

だけど、作業が終わって、作っておいたfeature-xxx branchの作業を始めようにもそのbranchが最新では無いので git merge mastergit branch -d feature-xxx してから再度branchを作成したりしていた。

margeすると1コミット増えるし、branch削除→作成は面倒だし…と思っていたけど良い方法があるらしい。

git で master に追いつく?ブランチは都度closeするべき? – スタック・オーバーフロー

git checkout master
git pull origin master
git checkout my-branch
git rebase master

rebase使えば良かったとは。rebase -i しか使ったこと無かった…。


Filed under: プログラミング

Trackback Uri






2017年 3月 6

今更ながらDBIx::Class(DBIC)に入門。使い始めてDBICの作法に翻弄されてる。

timestamp的なカラム、例えばupdated_atカラムを自動更新させるのにハマったのでメモ。

package Jobeet::Schema::ResultBase;
use strict;
use warnings;
use parent 'DBIx::Class::Core';

__PACKAGE__->load_components(qw/InflateColumn::DateTime/);

sub insert {
    my $self = shift;

    my $now = Jobeet::Schema->now;
    $self->created_at( $now ) if $self->can('created_at');
    $self->updated_at( $now ) if $self->can('updated_at');

    $self->next::method(@_);
}

sub update {
    my $self = shift;

    if ($self->can('updated_at')) {
        $self->updated_at( Jobeet::Schema->now );
    }

    $self->next::method(@_);
}

1;

上記のようなResultクラスのベースを継承してResultクラスを作っていくのだけど、ちょっとした問題に当たる。

先程のエントリーの例で Jobeet::Schema::Result::Job のデータを更新するには下記のようになる。

# その1
$schema->resultset('Job')->find($id)->update({ is_public => 1 });

# その2
$schema->resultset('Job')->search({ id => $id })->update({ is_public => 1 });

いずれのコードもis_publicカラムを1に更新する。そして、updated_atカラムが現在の時刻に自動更新される…と思うのだけどそうならない場合がある。

更新されるのはfind()を使っているその1の場合だけ。その2の場合は更新されない。

この理由と対処方法は下記エントリーに書かれている。

find()search()は帰ってくるオブジェクトが違う = 使われるupdateメソッドは別のものって事。

DBICなら用意されていそうだと思って探したら DBIx::Class::TimeStamp っていうのを見つけたけど、こちらもfind()のようにrowオブジェクト取得してからupdateしないと効かないようだ…。

search()->update()を使う理由

単純に発行されるSQLが少ないから。

今回やりたいことは更新対象の行のprimary keyが分かってて、かつ、その行のデータの取得は必要がない場面を想定している。

発行されるSQLを見ながらいろいろ試してみて、$schema->search({...})->update({...}) の場合はSELECT文が発行されず、UPDATE文のみが発行されるようだったので。

通常はいきなりUPDATEを行うことは少ないかもしれない。

解決策

解決策としてはfind()で更新するって方法とResultクラスではなくResultsetクラスのベースになるものにしてあげるって方法があると思う。

find()で解決した場合の問題点

find()を使う場合は必ずSELECTが発行される。先程の例で言うと発行されるSQLのイメージは下記のような感じ。

SELECT * FROM job WHERE id = xxx;
UPDATE job SET is_public = 1, updated_at = xxx WHERE id = xxx;

必要がないSELECT文が実行されるのは避けたい。

ResultSetクラスでの解決

Resultクラスの共有部分を作るように、ResultSetクラスの共有で解決できそうだと思って試したら出来た。

03日目: データモデル の例でのサンプルコード

schemaクラス

package Jobeet::Schema;
use strict;
use warnings;
use parent 'DBIx::Class::Schema';
use DateTime;

__PACKAGE__->load_namespaces(
    default_resultset_class => '+Jobeet::Schema::ResultSetBase'
    # or
    # default_resultset_class => 'ResultSetBase'
);

my $TZ = DateTime::TimeZone->new(name => 'Asia/Tokyo');
sub TZ    {$TZ}
sub now   {DateTime->now(time_zone => shift->TZ)}
sub today {shift->now->truncate(to => 'day')}

1;

load_namespaces の引数 default_resultset_class でデフォルトの ResulutSet クラスを指定。

ResultSetクラス

package Jobeet::Schema::ResultSetBase;
use strict;
use warnings;
use parent 'DBIx::Class::ResultSet';

# ResultBaseクラスのinsertで対応可能なので必要ない
# sub create {
#     my $self = shift;
# 
#     my $table = $self->result_source;
#     my $now   = Jobeet::Schema->now;
#     $_[0]->{created_at} = $now if $table->has_column('created_at');
#     $_[0]->{updated_at} = $now if $table->has_column('updated_at');
# 
#     $self->next::method(@_);
# }

sub update {
    my $self = shift;

    if ( $self->result_source->has_column('updated_at') ) {
        $_[0]->{updated_at} = Jobeet::Schema->now;
    }

    $self->next::method(@_);
}

1;

Resultクラス

package Jobeet::Schema::ResultBase;
use strict;
use warnings;
use parent 'DBIx::Class::Core';

__PACKAGE__->load_components(qw/InflateColumn::DateTime/);

sub insert {
    my $self = shift;

    my $now = Jobeet::Schema->now;
    $self->created_at( $now ) if $self->can('created_at');
    $self->updated_at( $now ) if $self->can('updated_at');

    $self->next::method(@_);
}

sub update {
    my $self = shift;

    if ($self->can('updated_at')) {
        $self->updated_at( Jobeet::Schema->now );
    }

    $self->next::method(@_);
}

1;

このResultクラスを継承して各テーブルのResultクラスを作る。エントリーの例で言うと下記コードのような感じ。

package Jobeet::Schema::Result::Job;
use strict;
use warnings;
use parent 'Jobeet::Schema::ResultBase';

# ここにテーブル定義

1;

もうちょっとスマートな方法があったら後で加筆する。


Filed under: perl

Trackback Uri