2010年 12月 24

数百Mの容量を捨てることで得する事

ハードウェアRAIDでRAID1を組む時に、ディスクの容量目一杯にアレイを作成しないで若干少なめに作成する。

例えば、73Gのディスクならアレイ作成時に指定できる容量が、68.363Gとかになるので小数点以下の0.363Gを捨てて、68Gのアレイを作成する。

なぜかというと、障害時にディスクを変えるわけだけれども、ディスクはメーカーやロット等によって同じ「73G」と謳われていても多少の誤差があったりする。

先の例で言えば、交換用として用意したディスクがアレイを組める容量としては68.171Gとかの場合がある。この場合、68.363G目一杯使用してアレイを組んでいた場合、換えのディスクとして使えない。

だけど、68Gでアレイを作成していた場合だと換えのディスクとして利用できる。

せっかく買ったディスクが使えない!なんてコトにならないように「肉を切らせて骨を断つ」作戦で。ちょっと違うか。

More from my site

  • CentOS5.5 x86_64 環境で RaidMan を使う @IBM eserver X3550CentOS5.5 x86_64 環境で RaidMan を使う @IBM eserver X3550 かなり個人的メモ 環境 IBM eserver X3550(7978MAJ) CentOS 5.5 インストール時にJAVAをインストール済み Raid作成、RaidManインストール用CD IBM ServerRaid Suport CD v9.00J IBM serverRaid v9.00J マネージャ 1)Raid1構成を作成 IBM […]
  • CentOS5.3 メールサーバ構築(Postfix +qmail +vpopmail +Dovecot) CentOS5.3 メールサーバ構築(Postfix +qmail +vpopmail +Dovecot) CentOSで自宅サーバー構築を参考に構築したが、途中でエラーが出たのでメモ。 19.独自のメールアドレスをつくる(Postfix編)メールサーバー構築(Postfix+Dovecot)CentOS4/CentOS5http://centossrv.com/postfix.shtmlバーチャルドメイン設定(Postfix&Dovecot+qmail&vpop […]
  • Postfixでのバーチャルドメインの設定Postfixでのバーチャルドメインの設定 バーチャルドメインをPostfixで使う場合 /etc/postfix/virtual の編集が必要となる 参考文献http://vine-linux.ddo.jp/linux/mail/virtual.php
  • CentOS5.3 PostfixをMySQL対応にするCentOS5.3 PostfixをMySQL対応にする 2013-01-13追記 MySQL対応のPostfixはCentOS Plusリポジトリを使えばyumでupdate出来るみたい。こっちの方がいいね。 CentOS Plusリポジトリを有効にする # vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo [centosplus] name=CentOS-$releasever […]
  • CentOS5系にdovecot2をインストール MySQL,Postfix,CentOS5系にdovecot2をインストール MySQL,Postfix, スマートフォンでpush通知出来るようにIMAP-IDLE対応のdovecot2をインストールする。 基本的には メールサーバ構築のまとめ(複数のバーチャルドメイン+Postfix+MySQL+Dovecot+procmail+Clam AntiVirus+spamassassin+postfixadmin) […]
  • DNSのmxレコードでハマる。ValueDomain編DNSのmxレコードでハマる。ValueDomain編 ValueDomainの説明には ■mail.hoge.com(123.123.123.2)を***@test.hoge.comのメールサーバー(優先度10)としたい場合 mx mail 10 test a mail […]

Filed under: ハードウェア

Trackback Uri



コメントする