2010年 12月 18

かなり個人的メモ

環境

IBM eserver X3550(7978MAJ)
CentOS 5.5 インストール時にJAVAをインストール済み

Raid作成、RaidManインストール用CD

IBM ServerRaid Suport CD v9.00J
IBM serverRaid v9.00J マネージャ

1)Raid1構成を作成

IBM ServerRaid Suport CD v9.00J でCDブートして、Radi manager を起動し、Raid1構成を作成する。

2)OSをインストール

CentOS5.5をネットインストール。
ftp.riken.jp
/Linux/centos/5/os/x86_64

※OSインストールの際、JAVAを入れておくこと。

3)RaidManをインストール

OSインストールが終わったらリブート後、IBM serverRaid v9.00J マネージャCDにある、
linux_x86_64/manager/RaidMan-9.0.x86_64.rpm
をインストール。

/usr/RaidMan/RaidMan.sh

をコンソールから実行すると注意が出る。

CentOS5環境では libXp が必要とのこと。
インストール出来るパッケージを調べる。

# yum list | grep libXp
libXpm.x86_64                            3.5.5-3                installed
libXpm.i386                              3.5.5-3                base
libXpm-devel.x86_64                      3.5.5-3                base
libXp.x86_64                             1.0.0-8.1.el5          base
libXp.i386                               1.0.0-8.1.el5          base
libXp-devel.i386                         1.0.0-8.1.el5          base
libXp-devel.x86_64                       1.0.0-8.1.el5          base
libXpm-devel.i386                        3.5.5-3                base

目的のパッケージは libXp.i386 libXp.x86_64 なのでインストール。

# yum install libXp.i386 libXp.x86_64

再度 /usr/RaidMan/RaidMan.sh を実行するとRaidManager が立ち上がった。

More from my site

  • RAID1でアレイを作成するときに容量を小さめにしておくと得するRAID1でアレイを作成するときに容量を小さめにしておくと得する 数百Mの容量を捨てることで得する事 ハードウェアRAIDでRAID1を組む時に、ディスクの容量目一杯にアレイを作成しないで若干少なめに作成する。 例えば、73Gのディスクならアレイ作成時に指定できる容量が、68.363Gとかになるので小数点以下の0.363Gを捨てて、68Gのアレイを作成する。 なぜかというと、障害時にディスクを変えるわけだけれども、ディスクはメ […]
  • エラーログ SCSI error : <0 0 0 0> return code = 0x70000 についてエラーログ SCSI error : <0 0 0 0> return code = 0x70000 について エラーログに kernel: SCSI error : <0 0 0 0> return code = 0x70000 というものが度々出るので気にはなっていたものの、放置していたけどようやく原因が分かった気がするのでメモ。 エラーログが出るのはIBMのサーバ(ServeRAIDでRaid1とかRaid10) エラーの原因は smartd […]
  • CentOS 5.5 php5.3.6からphp5.2.17へyumでダウングレードCentOS 5.5 php5.3.6からphp5.2.17へyumでダウングレード remiリポジトリでphp5.3をyumでインストールしたけど、php5.2で動いていたスクリプトが動かない。 困るのでphpをダウングレードする。 php関連パッケージを調べる。 # yum list installed | grep php* php.i386 5.3.6-1.el5.remi […]
  • CentOS5.7にNginxの最新版をyumでインストールCentOS5.7にNginxの最新版をyumでインストール epelでNginxをyumでインストールする場合、バージョンが0.8.55と古い。 ================================================================================ Package Arch Version […]
  • CentOS 5.3 へPHP5.30をyumでインストールCentOS 5.3 へPHP5.30をyumでインストール phpmyadmin3.2xxでphp5.2以上が必要なのでインストール。CentOS5.3のデフォルトだとphp5.16がインストールされる。 こちらの手順にてhttp://centoshome.seesaa.net/article/117329591.html 確認 # php -vPHP 5.3.0 (cli) (built: Jul 19 2009 […]
  • CentOS5.3 PostfixをMySQL対応にするCentOS5.3 PostfixをMySQL対応にする 2013-01-13追記 MySQL対応のPostfixはCentOS Plusリポジトリを使えばyumでupdate出来るみたい。こっちの方がいいね。 CentOS Plusリポジトリを有効にする # vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo [centosplus] name=CentOS-$releasever […]

Filed under: CentOS5.x,サーバ管理

Trackback Uri



コメントする