2010年 3月 8

MySQL対応にしているため、yumでアップデートしてはいけなかったのを忘れていて、やってしまった。。。

以前作ったRPMが残っていたのでダウングレードインストールでなんとかなったけどあせりました。
気をつけないといけないなぁ。

rpm -Uvh --oldpackage /usr/src/redhat/RPMS/i386/postfix-2.3.3-2.1.centos.mysql_pgsql.i386.rpm

関連記事
http://perl.no-tubo.net/2009/10/02/centos5-3-postfixをmysql対応にする/

More from my site

  • [メモ] 迷惑メール対策 SPFの書き方など[メモ] 迷惑メール対策 SPFの書き方など 同サイトのページだが探しにくいのでメモ。 SPF(Sender Policy Framework) : 迷惑メール対策委員会 SPFの歴史的背景や、SPF設定時のプロパティの解説や記述例。 間違いから学ぶSPFレコードの正しい書き方 : […]
  • Webサービスを公開し、運用するために を読んでWebサービスを公開し、運用するために を読んで Webサービスを公開し、運用するために なかなか面白い記事でした。 自分も独学でPerlを学び、MySQLを学び、少しずつスキルアップして様々なサービスを構築出来るようになりました。 ま、たいしたサービスではないですが(汗 最初は激安のレンサバから始めて、徐々にグレードアップして、レンタルではスペックが足りなくなり、専用サーバに移行しました(追い出されたと言う […]
  • 「SQL」ってなんて読む?「SQL」ってなんて読む? 「SQL」の読み方について SQLは普通に 「エスキューエル」 と読むらしい。 http://ja.wikipedia.org/wiki/SQL 「シークェル」 と読む事もあるみたいだけど SQLの元となったデータベース言語が、IBM社が開発したRDBMSの実験実装である System R の操作言語「SEQUEL (Structured English […]
  • Gunma.web#17 で話しましたGunma.web#17 で話しました 2014/9/20に開催されたGunma.web #17で話してきました。 発表スライド Vimの話 from Munenori Sugimura […]
  • groonga対応のMySQLをMAMPで使ってみる。groonga対応のMySQLをMAMPで使ってみる。 MAMP ApacheもMySQLも常時起動しておくのは微妙だし、でも使う時にはサクッと使いたい。そんな時にMAMPがあればローカルのApacheとMySQLを自動で起動してくれるから便利。phpMyAdminもついてるしね。 インストールメモはこっち。 で、MAMPデフォルトのMySQLではなく、先日インストールしたmroonga対応のMySQLをMANPで使える […]
  • CentOS6.4 iptablesの設定CentOS6.4 iptablesの設定 Linodeのマニュアルにはiptablesの設定の仕方とか書いてあって親切。 Linode - Creating a Firewall ルールの作成 vi /etc/iptables.firewall.rules *filter # Allow all loopback (lo0) traffic and drop all traffic to 127/8 […]

Filed under: 雑記

Trackback Uri


Trackbacks/Pingbacks

  1. […] ↑手動でもやりましたけど Postfixをyumでアップデートしてしまった orz… […]



コメントする