postfix

1/3ページ

[メモ] 迷惑メール対策 SPFの書き方など

同サイトのページだが探しにくいのでメモ。 SPF(Sender Policy Framework) : 迷惑メール対策委員会 SPFの歴史的背景や、SPF設定時のプロパティの解説や記述例。 間違いから学ぶSPFレコードの正しい書き方 : 迷惑メール対策委員会 SPFレコードを設定する際に間違いやすい例を参考に解説。

[Postfix+MySQL][CentOS] yumでSpamAssassinを導入

SpamAssasinのみをインストールしたくなったのでメールサーバ再構築のついでに試してみる。メールサーバ構築のまとめ でPostfix+MySQL+postfixadminは構築済みとして想定しています。そちらではウィルスチェックも導入しているため今回はスパムチェックのみの導入。 また、学習機能があるようなので試してみる。スパム判定の精度が高まるみたい。 .Spam ディレクトリの作成 スパムメールの学習 通常のメールの学習 コレに合わせて postfixadmin +procmailな環境でメールディレクトリの自動作成・削除 のメールディレクトリ作成スクリプトに .Spam を作るコマン […]

PostfixのTLS対応

サーバー証明書を作成 メールサーバー間通信内容暗号化(OpenSSL+Postfix+Dovecot) - CentOSで自宅サーバー構築 を参考にサーバー証明書を作成 # cd /etc/pki/tls/certs/ # make mail.pem umask 77 ; \ PEM1=`/bin/mktemp /tmp/openssl.XXXXXX` ; \ PEM2=`/bin/mktemp /tmp/openssl.XXXXXX` ; \ /usr/bin/openssl req -utf8 -newkey rsa:2048 -keyout $PEM1 -nodes -x509 -day […]

開発環境のMacからメールを送信するために必要な事。メールサーバ(Postfix)の設定と起動、OP25B対策。

とりあえずwebアプリ制作において開発環境からメール送信できればいいのでそれなりの設定です。 本格的なメールサーバーとしては運用できませんのであしからず。 OP25Bとは 主要プロバイダを使っている場合はほぼ対策しなくてはメールが送れません。なぜならプロバイダが25番ポートでの接続を遮断してしまうからです。25番ポートを使った通信が出来ません。 対策としては契約しているプロバイダ経由でメールを送ります。 OP25Bの確認 OP25B(Outbound Port 25 Blocking)対策 - CentOSで自宅サーバー構築 $ telnet smtp.gmail.com 25 Trying […]

CentOS5.5 Postfix で DKIM ( OpenDKIM ) に対応する

こんなエントリ(ネットショップ運営者必見?迷惑メール扱いを回避する手順 :: drk7jp )があるので、とりあえずDKIMを導入してみる。 DKIMを導入するに以前は dkim-milter を使うのが一般的だったようだけど、最近では OpenDKIM を使うようだ。 参考: CentOS6.2でOpenDKIM(DomainKeys Identified Mail)のインストール、設定 | 実験酒場 Postfix + dkim-milterからOpenDKIMに移行する » blog::dameningen 準備 OpenDKIMのインストール ※rpmforgeまたはepelリポジトリ […]

1 3