カテゴリー
Mojolicious

Mojoliciousで設定ファイルを読み込んで値を使う時のTips

configファイルの読み込み

設定ファイルを読み込む / Mojoliciousリファレンス - サンプルコードによるPerl入門

 設定(コンフィグ)ファイルを読み込むにはMojolicious::Plugin::Configを利用します。

というように、Mojoliciousアプリで設定ファイルを使う事ができる。例えば etc/MyApp.conf を読み込むには以下のような感じ。 stash_keyはオプションで設定できる(デフォルトはconfig?)

etc/MyApp.conf

{
    # MyApp config
    
    # サービス名
    SARVICE_NAME => 'hogehoge',

    # 配列のリファレンス等
    CATEGORY => [0,1,2,3,4],
}

MyApp.pm

package MyApp;

sub startup {
    my $self = shift;

    # コンフィグファイル読み込み
    my $config = $self->plugin('config', { file => 'etc/MyApp.conf', stash_key => 'conf' });
    ....
}

読み込みはリンク先に詳しく書かれている。

configで設定された値を使う

コントローラーとかで使う

sub index {
    my $self = shift;
    
    #my $config = $self->stash('conf');
    my $config = $self->config;
    my $service_name = $config->{SARVICE_NAME};
    # or 
    my $service_name = $self->config('SARVICE_NAME');
    ....
}

テンプレートで使う

    <%= stash('conf')->{SARVICE_NAME} %>
    <%= config->{SARVICE_NAME} %>
    <%= config('SARVICE_NAME') %>

オブジェクト指向的には config()で取得したほうがいいのかな?

テンプレートで使うには

<%= config 'SARVICE_NAME' %>

がタイプが一番少ないようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください