カテゴリー
MySQL

MySQLのINT等の整数型カラム(UNSIGNED)から減算する時に注意

MySQL4.xでは大丈夫だったけど、MySQL5.xに移行してから起こった出来事。

整数型カラムをUNSIGNEDして利用している時、負の数にならないのをいい事に0から減算して負の数の場合は0と自動で処理してくるものだと思っていた。(MySQL4.x時にはそのように処理されていた。)

本当はプログラム側で処理するべきなのかもしれないけれど、楽してそのようなスクリプトを書いていた。

で、先日MySQL5.xの環境に移行したらデータがおかしくなっていた。

とてつもなく大きな数字となっており???状態。

どうやら、UNSIGNEDしているカラムが0で、そこから1を引くと4294967295のような値になってしまうようだ。

これを回避するにはコマンドラインオプションで

--sql-mode=NO_UNSIGNED_SUBTRACTION

とするか、SQL発行時に

SET SQL_MODE='NO_UNSIGNED_SUBTRACTION';

とすると大丈夫のようだ。

参考: http://mlog.euqset.org/archives/ml@mysql.gr.jp/14844.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください