カテゴリー
perl

Linux システムコマンドの標準出力をperlで受け取る

Linuxのコマンド

ls -cr `find /tmp -type f`

・find /tmp -type f
/tmp 以下のファイル全てを検索

・ls -cr
更新日時を古い順にソート

つまり /tmp 以下のファイルを更新日時が古い順にソートするコマンド。

ちなみに、
ls -c  最後にファイルのステータスを変更した時間でソート
ls -t  修正時刻順でソート。
ls -u  最後にファイルにアクセスした時刻でソート

perlで使う時は 、

open(IN, "ls -cr `find /tmp -type f` | ");
print while();

のように、openの中のコマンドの最後に | (パイプ)をつけるのがミソ。
これにより標準出力を受け取る事が出来る。

これを使って、CGI内部で別のCGIを実行して結果を受け取る・・・なんて事も出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください