Tag: speedyCGI



2013年 11月 1

Apache2.2にmod_SpeedyCGIを組込むにはパッチが必要

で以前やったんだけどイマイチ手順がまとまっていないので。

ポイント
  • 作業ディレクトリは /root/src
  • httpd-develが必要
  • rootで作業した方が楽

1. Apacheインストール

$ su -
# yum install httpd httpd-devel

※ apxs が必要になるので httpd-devel をインストールすること

2. Speedy_CGIをダウンロードしてパッチを当てる

# cd /root/src
# wget http://daemoninc.com/SpeedyCGI/CGI-SpeedyCGI-2.22.tar.gz
# tar zxvf CGI-SpeedyCGI-2.22.tar.gz
# cd CGI-SpeedyCGI-2.22/mod_speedycgi2
# wget http://sourceforge.net/p/speedycgi/patches/_discuss/thread/f3ff7350/afa5/attachment/patch-mod_speedycgi2.c
# patch -p1 < patch-mod_speedycgi2.c

※ 参考ページにはパッチファイルをFTPでアップロードする必要があると書いてあるけどwgetで出来た。
パッチ公開ページ

3. Speedy_CGIインストール

# perl Makefile.PL
# make install
〜〜〜 コンパイル中 〜〜〜
----------------------------------------------------------------------
Libraries have been installed in:
   /usr/lib/httpd/modules

If you ever happen to want to link against installed libraries
in a given directory, LIBDIR, you must either use libtool, and
specify the full pathname of the library, or use the `-LLIBDIR'
flag during linking and do at least one of the following:
   - add LIBDIR to the `LD_LIBRARY_PATH' environment variable
     during execution
   - add LIBDIR to the `LD_RUN_PATH' environment variable
     during linking
   - use the `-Wl,--rpath -Wl,LIBDIR' linker flag
   - have your system administrator add LIBDIR to `/etc/ld.so.conf'

See any operating system documentation about shared libraries for
more information, such as the ld(1) and ld.so(8) manual pages.
----------------------------------------------------------------------
chmod 755 /usr/lib/httpd/modules/mod_speedycgi.so
[activating module `speedycgi' in /etc/httpd/conf/httpd.conf]
超参考:

Filed under: Apache,インストールメモ

Trackback Uri






2011年 11月 28

MojoliciousアプリケーションをCGIで動かす時に、スタイルシートや外部JavaScriptファイル、画像など静的ファイルの扱いには注意が必要になる。

これはテンプレートでタグヘルパーを使った時、例えば

    <%= stylesheet '/css/style.css' %>

とスタイルシートを読み込んだつもりだけど、これはスタイルシートを読み込むCGIを実行するのと同じ(スタイルシートのURLにリダイレクト処理するCGIとして実行される)
静的ファイルを呼び出す回数分のCGIが実行されることになるので、パフォーマンスも悪くなることは当然ながら、データベースの接続処理をstartup内でしていたりすると実行回数分の接続を行う事となる。

以前speedyCGIとしてMojoliciousアプリケーションを動作させていた時に、MySQLの最大同時接続数が異常になってMySQLサーバがダウンした事もある。

MojoliciousでCSSなどの静的ファイルを利用する – サンプルコードによるPerl入門

 ローカル環境で試験をするときは、組み込みのWebサーバーがCSSなどの静的ファイルをディスパッチしてくれるので、パフォーマンスの問題は起こりません。一方さくらのレンタルサーバーではCGIというプロトコルを利用してWebアプリケーションを起動しています。CGIというプロトコルはひとつのアクセスに対してひとつのプロセスを立ち上げます。プロセスの起動という処理はとても時間がかかるので、静的ファイルをCGIでディスパッチするとパフォーマンスの劣化が顕著に見られることになります。

リンク先にあるように、組み込みのwebサーバやその他のプリフォークサーバ(starman等)ならば問題ないのかもしれない。まぁ、それ自体がwebサーバとして動作するものなので当然といえば当然か。

CGIとして動作させる場合の解決策としてmod_rewriteの利用が提唱されている。.httaccess(またはhttpd.conf)でApacheが静的ファイルは静的ファイルとして処理するようにmod_rewriteルールを設定する。

もう一つ解決する方法としては、タグヘルパーを使わずに

    <link href="/css/style.css" media="screen" rel="stylesheet" type="text/css" />

などと直接タグを書いてしまう方法。これはデプロイするときにディレクトリ構成が変わったりすると後々面倒(テンプレートをすべて修正する必要があるとか)なので、推奨される方法ではないのかもしれないけれど。

MojoliciousをCGI動作させていてパフォーマンスがイマイチだな・・・と思っているなら調べてみるといいかもしれない。

App.pmとかのstartup()内に

sub startup {
    warn 'warn CGI run.';
    ....
}

等としてアプルケーションを実行するとapacheのエラーログに記録されるので1度の実行で複数行のログが残っていたらその行数分アプリケーションが実行されていることになる。

Apacheでデプロイする様々な方法

Apache deployment – GitHub
Apache/CGI にmod_rewriteの設定が記述されている。その中の Pretty “Web 2.0” URLs という項目は参考になる。


Filed under: Mojolicious

Trackback Uri






2011年 4月 13

やっと出来たのでメモ。
起動スクリプト mojo.cgiを

#!/usr/bin/env perl

use strict;
use warnings;
use lib "../lib";
use App;

app->start('cgi');
exit;

こんな感じで呼び出すと通常のCGIとしてならなんの問題もなく実行出来るのだけれど、SpeedyCGIで実行しようとすると初回実行時に不具合が出る(テンプレートが読み込まれない?)上記実行方法でも2回目以降(キャッシュ後)は動作している感じ。

FastCGIやmod_perlでのエントリーは見かけるんだけど、いかんせんマイナーなSpeedyCGI。結構便利なのにあまり使われていないのかなぁ。

で、とりあえず解決方法が見つかったのでメモ。結論から言えば起動スクリプトで Mojo::Server::CGI を使ってアプリを実行すればいいみたい。

ApacheでCGI(SpeedyCGI)としてデプロイする

起動用スクリプトを mojoアプリケーション本体と同じディレクトリに置く。これは必須ではないので公開するときには配置を変えたり出来る。
(例えば App/public/mojo.cgi として App/public を公開ディレクトリにするなど)

__DATA__セクションにテンプレートを書けるけど、ここではテストのため外部ファイル化している。

最小構成

App +
    - App.pm
    - mojo.cgi
    - templates +
                - index.html.ep

スクリプト

起動用スクリプト mojo.cgi

#!/usr/bin/env speedy

use strict;
use warnings;

use Mojo::Server::CGI;
$ENV{MOJO_APP} = 'App';
#$ENV{SCRIPT_NAME} = '';
Mojo::Server::CGI->new->run;
exit;

App.pm と 起動スクリプトが同じディレクトリの場合は use lib; しなくても大丈夫のようだ。別のディレクトリに起動スクリプトを置く場合、例えばApp/public/mojo.cgi とするなら use “../”; が必要になる。

mojoアプリケーション本体 App.pm

package App;

use strict;    # use Mojolicious::Lite;で自動でされるが明示的に
use warnings;  # しておく。
use utf8;
use Mojolicious::Lite;

# テンプレートへ渡すハッシュリファレンス
my $params = {};

# インデックスページ
get '/' => sub {
    my $self = shift;

    $params->{title}="Hello World!";
    $params->{messe} = "ようこそ 世界へ!";
    $self->stash(params => $params);
} => 'index';

# mojo.cgi/任意の文字に対応
get '/:foo' => sub {
    my $self = shift;

    $params->{title}= $self->param('foo');
    $params->{messe} = "このページは" . $self->param('foo') . "です";
    $self->stash(params => $params);
} => 'index';

テンプレートファイル templates/index.html.ep

<!doctype html>
<html>
    <head>
    <title><%= $params->{title} %></title>
    </head>
    <body>
    <h1><%= $params->{messe} %></h1>
    </body>
</html>

上記は最低限のファイル構成だけれど、テンプレートでレイアウト使っても動作していたのでSpeedyCGI化もこの方法なら大丈夫そう。

参考

  • Perl-Mojolicious/ApacheにCGIでデプロイ – yanor.net/wiki
  • Mojoことはじめ – Perl日記
  • Mojoを使ってみた – Charsbar::Note

  • Filed under: Mojolicious,perl,perlモジュール

    Trackback Uri






    2011年 4月 1

    perlスクリプトをSpeedyCGIスクリプトとして動作させる場合、グローバル変数の値は保持され続ける。なので、一度接続したデータベースハンドルを使い回すことでデータベースへの接続コストを削減できる。

    テスト用スクリプト .. continue reading ..


    Filed under: MySQL,perl

    Trackback Uri






    2011年 2月 7

    Apache2.2でSpeedyCGIのperlモジュールを使うのならyumなりで一発インストールできるけど、mod_SpeedyCGIをインストールしようとするとmakeでコケる。

    どうやらパッチを当ててからmakeする必要があるようだ。
    参考:Apache2.2にmod_SpeedyCGIを組み込む方法(パッチファイルのあて方) / レンタルサーバー BIG-server.com

    パッチファイルのダウンロード

    パッチファイル:CGI::SpeedyCGI with apr-1.0

    ※パッチファイルはwgetで入手できないのでダウンロードしておいてFTP等でアップロードする必要がある。 .. continue reading ..


    Filed under: Apache,perlモジュール

    Trackback Uri