2010年 11月 5

エラーログに

kernel: SCSI error : <0 0 0 0> return code = 0x70000

というものが度々出るので気にはなっていたものの、放置していたけどようやく原因が分かった気がするのでメモ。

エラーログが出るのはIBMのサーバ(ServeRAIDでRaid1とかRaid10)
エラーの原因は smartd のようだ。

バージョンによるようだけど、対応していないディスク(ATAとかでもらしい)例のエラーが出る様子。
そういえばサービス起動で smartd はコケていた。

とりあえず smartd のサービスをスタートしないようにする対策。
.. continue reading ..


Filed under: LINUX

Trackback Uri