Tag: MySQL



2012年 5月 9

※一番下の追記にありますが、Homebrewでインストールできるようになってます(2012/5/29リリース)

MySQL5.5のインストール

MANPでMySQL使えるんだけど、mroongaを(ローカルテストでも)使いたいので別にMySQLをインストールする。

ただしMySQLのバージョンは5.5をインストールしたいのでコマンドはこんな感じに。
mysql5 +server としてしまうとMySQL5.1.6が入ります。

MacBook:~ clicktx$ sudo port install mysql55 +server
Password:
--->  Deactivating mysql55 @5.5.23_0
--->  Cleaning mysql55
--->  Uninstalling mysql55 @5.5.23_0
--->  Cleaning mysql55
MacBook:~ clicktx$ sudo port install mysql55 +server
--->  Computing dependencies for mysql55
--->  Fetching archive for mysql55
--->  Attempting to fetch mysql55-5.5.23_0.darwin_10.x86_64.tbz2 from http://packages.macports.org/mysql55
--->  Fetching mysql55
--->  Verifying checksum(s) for mysql55
--->  Extracting mysql55
--->  Applying patches to mysql55
--->  Configuring mysql55
--->  Building mysql55
--->  Staging mysql55 into destroot
--->  Installing mysql55 @5.5.23_0
The mysql55 client has been installed.
To install the mysql55 server, install the mysql55-server port.
--->  Activating mysql55 @5.5.23_0
--->  Cleaning mysql55

MySQLの初期化

  • mac OSXの場合はmysqlユーザーは作成済みなので改めて作成する必要はない。
  • 実際は_mysql?mysqlでユーザー指定しても_mysqlで処理される。
MacBook:~ clicktx$ sudo -u mysql /opt/local/lib/mysql55/scripts/mysql_install_db
Password:
Installing MySQL system tables...
OK
Filling help tables...
OK

To start mysqld at boot time you have to copy
support-files/mysql.server to the right place for your system

PLEASE REMEMBER TO SET A PASSWORD FOR THE MySQL root USER !
To do so, start the server, then issue the following commands:

/opt/local/lib/mysql55/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'
/opt/local/lib/mysql55/bin/mysqladmin -u root -h MacBook.local password 'new-password'

Alternatively you can run:
/opt/local/lib/mysql55/bin/mysql_secure_installation

which will also give you the option of removing the test
databases and anonymous user created by default.  This is
strongly recommended for production servers.

See the manual for more instructions.

You can start the MySQL daemon with:
cd /opt/local ; /opt/local/lib/mysql55/bin/mysqld_safe &

You can test the MySQL daemon with mysql-test-run.pl
cd /opt/local/mysql-test ; perl mysql-test-run.pl

Please report any problems with the /opt/local/lib/mysql55/bin/mysqlbug script!

MySQLを起動する

MacBook:~ clicktx$ sudo /opt/local/share/mysql55/support-files/mysql.server start
Starting MySQL
... ERROR! The server quit without updating PID file (/opt/local/var/db/mysql55/MacBook.local.pid).

そのまま起動すると上記のようにエラーとなってしまう(自分の環境だけ?)

デフォルトでは /opt/local/var/run/mysql55 以下にソケットファイルを作成するらしく、フォルダが無いので作成する。アクセス権も777を与える。

MacBook:~ clicktx$ sudo mkdir -m 777 -p /opt/local/var/run/mysql55

改めてMySQLを起動。

MacBook:~ clicktx$ sudo /opt/local/share/mysql55/support-files/mysql.server start
Starting MySQL
.. SUCCESS! 

成功

参考:

  • Mac OS X に MacPorts で MySQL をインストールする – make world
  • MacPortsを使ってMySQL 5をインストールする – めも帖
  • mroongaのインストール

    2. インストールガイド — mroonga v2.02 documentation

    2.11.3. 前提条件
    MySQLおよびgroongaが既にインストールされている必要があります。
    またmroongaをビルドするためにはMySQLのソースコードも必要です。

    先日groongaはインストール済み。

    先程MacPortsでインストールしたMySQLのでソースは
    /opt/local/var/macports/distfiles/mysql55/mysql-5.5.23.tar.gz
    かな?

    作業スペースを~/src にする。
    まずは作業スペースとなるsrcフォルダを作成。

    MacBook:~ clicktx$ mkdir ~/src

    MySQLのソースファイルを ~/src にコピーして解凍する

    MacBook:~ clicktx$ cp /opt/local/var/macports/distfiles/mysql55/mysql-5.5.23.tar.gz ~/src/mysql-5.5.23.tar.gz
    MacBook:~ clicktx$ cd src/
    MacBook:~ clicktx$ tar xzvf mysql-5.5.23.tar.gz

    mroongaをダウンロード&解凍

    MacBook:src clicktx$ wget http://cloud.github.com/downloads/mroonga/mroonga/mroonga-2.02.tar.gz
    MacBook:src clicktx$ tar xzvf mroonga-2.02.tar.gz 
    

    mroongaをビルドする

    MacBook:src clicktx$ cd mroonga-2.02
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ ./configure PKG_CONFIG_PATH=/opt/local/lib/pkgconfig --with-mysql-source=$HOME/src/mysql-5.5.23 --with-mysql-config=/opt/local/lib/mysql55/bin/mysql_config
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ make

    makeでコケる…
    googleで漁っているとこんなの発見。
    installing mroonga on Mac OS X Lion — Gist
    早速試してみる。

    MacBook:~ clicktx$ cd ~/src/mysql-5.5.23/include
    MacBook:include clicktx$ ln -s probes_mysql_nodtrace.h probes_mysql_dtrace.h
    MacBook:include clicktx$ cd ~/src/mroonga-2.02
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ aclocal -I /opt/local/share/aclocal
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ automake -a
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ autoconf
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ autoheader
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ automake -a
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ ./configure PKG_CONFIG_PATH=/opt/local/lib/pkgconfig --with-mysql-source=$HOME/src/mysql-5.5.23 --with-mysql-config=/opt/local/lib/mysql55/bin/mysql_config --with-mecab
    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ make

    コケる…

    mroongaをMac OSXでビルドするためのアドホックなパッチを書いてみた « いわぶろ(ろてん)
    ココらへんに解決策?もう神頼み。
    https://gist.github.com/1015079 を参考に、~/src/mroonga-2.02/ha_mroonga.cpp っていうファイルの560行目付近に

    static_cast(static_cast(pthread_self())),

    っていう箇所があるから、

    static_cast(static_cast((unsigned long int)pthread_self())),

    に修正。
    pthread_self で検索すると修正箇所がすぐ分かる。

    修正した後にmakeしたら見事成功。

    MacBook:mroonga-2.02 clicktx$ sudo make install
    .....
    libtool: install: ranlib /opt/local/lib/mysql55/plugin/ha_groonga.a

    インストールできたぽい。

    公式ガイドに

    その後、mysqldを起動し、mysqlクライアントで接続して”INSTALL PLUGIN”コマンドでインストールします。

    とあるので、MySQL起動してインストール&確認。

    MacBook:~ clicktx$ sudo /opt/local/share/mysql55/support-files/mysql.server start
    MacBook:~ clicktx$ /opt/local/lib/mysql55/bin/mysql -u root
    mysql> INSTALL PLUGIN mroonga SONAME 'ha_mroonga.so';
    Query OK, 0 rows affected (0.48 sec)
    
    mysql> SHOW ENGINES;
    +--------------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
    | Engine             | Support | Comment                                                    | Transactions | XA   | Savepoints |
    +--------------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
    | CSV                | YES     | CSV storage engine                                         | NO           | NO   | NO         |
    | PERFORMANCE_SCHEMA | YES     | Performance Schema                                         | NO           | NO   | NO         |
    | InnoDB             | DEFAULT | Supports transactions, row-level locking, and foreign keys | YES          | YES  | YES        |
    | MyISAM             | YES     | MyISAM storage engine                                      | NO           | NO   | NO         |
    | MRG_MYISAM         | YES     | Collection of identical MyISAM tables                      | NO           | NO   | NO         |
    | MEMORY             | YES     | Hash based, stored in memory, useful for temporary tables  | NO           | NO   | NO         |
    | mroonga            | YES     | CJK-ready fulltext search, column store                    | NO           | NO   | NO         |
    +--------------------+---------+------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
    7 rows in set (0.00 sec)

    なんとか入ったみたい。
    苦労した…。

    なお参考ブログに

    なお,MySQLへの組み込み後の動作については,何も確認を行っていないのであしからず,です.(影響があるとしても,ログ出力部分だけ?)

    とあるように、とりあえずmake出来て、インストールまでこぎつけたってシロモノです。

    追記:2012/6/2
    エラーが出た時にはこちらが参考になります。
    MySQL の INSTALL PLUGIN に失敗する時の処方箋(mroonga-1.20編) – よし研 -日々クリエイション-

    また、mroongaはHomebrewでインストールできるようになったみたいです。こちらの方が簡単でしょう。MacPorts使っているボクは負けg(ry
    mroonga 2.03リリース


    Filed under: Mac,MySQL,インストールメモ,開発環境

    Trackback Uri






    2011年 12月 15

    MAMP

    Apache+MySQLサーバをmacで動作させる事ができる。macにはもともとApacheもperlもインストールされているけど、バージョンが古いし、管理も面倒なのでMANPを使うメリットはおおいにあると思う。もともとはPHP+MySQLのローカル環境を構築するためのもの…かな?

    参考:Mac OS Xのローカル環境(MAMP+MacPorts)で Movable Typeを動かしてみよう – 準備編  [ 09.06.24 update ] 【 gabs.log|おしゃべり好きなWEB制作者のたわごと 】

    MAMPをインストール

    MAMP

    MAMPからダウンロードしてインストールする。

    MacPortsのインストール

    makeとか使うのでXCodeが必要。OSのバージョンにあったものをダウンロードする。

  • The MacPorts Project — Download & Installation
  • MacPortsの初期化&設定

    Terminalでコマンドを実行

    echo 'export PATH=$PATH:/opt/local/bin:/opt/local/sbin/' >> ~/.bashrc
    echo 'export MANPATH=$MANPATH:/opt/local/man' >> ~/.bashrc
    echo 'source ~/.bashrc' >> ~/.bash_profile
    sudo port -d selfupdate
    sudo port -d sync

    perlのPATHを変更

    元のperlをperl.bakにリネームして、シンボリックリンクを貼る。これをしておかないと元々インストールしてあるperl(/usr/bin/perl)を参照してしまうため。

    cd /usr/bin/
    sudo mv perl perl.bak
    sudo ln -s /opt/local/bin/perl /usr/bin/perl

    cpanmをインストール

    perlモジュールを簡単にインストールできるcpanmをインストールする。

  • ArtifactSauce: cpanmをMac OS Xにインストールする
  • sudoでインストールすると /opt/local/lib 以下にインストールされる。

    sudo cpanm Mojolicious
    or
    cpanm -S Mojolicious

    ユーザー権限でインストールした場合は、ホームディレクトリ ~/perl5/lib/ 以下にインストールされるので、この場合はPATHの指定が必要。コード側に書くか、あらかじめ設定しておく必要がある。
    Apacheのconfigに設定するのが吉かな?

    httpd.confに記述

    SetEnv PERL5LIB /Users/clicktx/perl5/lib/perl5
  • KMsWiki: Perl/@INC – Perlのライブラリの検索PATHを格納した配列のこと。 例えば、コマンド…
  • CGIでの環境変数PERL5LIBの設定 | OKWave
  • MAMPでCGI(perl)を実行できるようにする

    /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf を編集する。自分の場合は /Applications/MAMP/htdocs以下全部で実行したいので以下の場所を変更。

    453行目付近

        #AddHandler cgi-script .cgi
        AddHandler cgi-script .cgi .pl .pm ←追記

    httpd.confを編集したらMANPを再起動して設定を反映させる。

    CGI実行テスト

    /アプリケーション/MAMP/htdocs/ に test.cgiを作成する。

    #!/usr/bin/env perl
    print "Content-type:text/html\n\n";
    print "Hello, World!\n";
    exit;

    test.cgi に実行権を与える。

    $ cd /Applications/MANP/htdocs
    $ chmod 700 test.cgi

    webブラウザで http://localhost/test.cgi にアクセスして表示されたら成功。

    ちなみにMAMPの読み方はまんpーでいいんじゃないでしょうか?


    Filed under: Mac,MySQL,プログラミング

    Trackback Uri






    2011年 7月 29

    DBIx::Customが生SQL感覚でも使えてお気に入りなのだけれど、ちょっこしハマったのでメモ。

    DBIx::Custom – search.cpan.org

    MySQL(に限らないと思う)でwhereに関数を利用したい時は多々あると思います。
    例えば、更新時刻を見て7日以上古ければ選択しないという条件をwhereに指定したい時、

    CREATE TABLE  `table` (
        `name` VARCHAR( 5 ) ,
        `update_time` TIMESTAMP
    )
    
    SELECT * FROM `table` WHERE update_time > SUBDATE(NOW(), interval 7 day);

    このようなSQLだとします。

    行の選択 select / DBIx::Custom リファレンス – サンプルコードによるPerl入門によれば、where句の設定は、

    where => {title => 'Perl', author => 'Ken'}

    と、ハッシュリファレンスで渡すことになっています。

    = 以外での比較は DBIx::Custom::Whereオブジェクト を作成して渡すことになっているのですが、ハッシュリファレンスで SUBDATE(NOW(), interval 7 day) を渡すとうまくいかないので悩んでいました。

    append => ” で文字列を追加できるので、無理やり実装してみたのですが作者にツイートしてみたところ、

    twitterのキャプチャ

    がーん、そうなのか。恥ずかしい。。さらに、

    twitterのキャプチャ2

    がーん、DBIx::Custom::Where でも文字列が指定できたのか。。。(恥恥

    という事で、

    use DBIx::Custom;
    my $dbi = DBIx::Custom->connect(
        ...........  端折ります
    );
    my $result = $dbi->select(
        table => 'table',
        where => 'create_time > SUBDATE(NOW(),  interval 7 day)', 
    );

    あるいは、

    use DBIx::Custom;
    my $where = $dbi->where;
    $where->clause([
        'and', 'create_time > SUBDATE(NOW(),  interval 7 day)'
    ]);
    my $result = $dbi->select(
        table => 'table',
        where => $where, 
    );

    で、出来るって事なんですね。(ソース嫁!)

    id:perlcodesampleさんありがとうございました!
    DBIx::Customいいよー。

    ところで

    SYNOPSYSにあるinsertとかupdateとかが失敗するのはボクの日頃の行いが悪いせいでしょうか?

        # Insert 
        $dbi->insert({title => 'Perl', author => 'Ken'}, table  => 'book');
        
        # Update 
        $dbi->update({title => 'Perl', author => 'Ken'}, table  => 'book',
          where  => {id => 5});
    
        # Insert 
        $dbi->insert( param => {title => 'Perl', author => 'Ken'}, table  => 'book' );
        
        # Update 
        $dbi->update( param => {title => 'Perl', author => 'Ken'}, table  => 'book',
          where  => {id => 5} );
    

    だと性交いや、成功するのですが。
    param が必要??(だからソース嫁!)

    追記:DBIx::Customのバージョンが 0.168 だったからのようです…APIが追加された模様。


    Filed under: MySQL,perlモジュール

    Trackback Uri






    2011年 4月 1

    perlスクリプトをSpeedyCGIスクリプトとして動作させる場合、グローバル変数の値は保持され続ける。なので、一度接続したデータベースハンドルを使い回すことでデータベースへの接続コストを削減できる。

    テスト用スクリプト .. continue reading ..


    Filed under: MySQL,perl

    Trackback Uri






    2010年 12月 27

    remiリポジトリの導入

    MySQL5.1、PHP5.3 をインストール

    # yum --enablerepo=remi install mysql

    phpMyAdminで必要な php-mcrypt 等をインストール

    # yum --enablerepo=remi install php-mcrypt php-xml

    httpd-devel が必要だったのでインストール

    # yum --enablerepo=remi install httpd-devel

    Filed under: インストールメモ

    Trackback Uri