Tag: MAMP



2020年 3月 20

とある事情でMAMPのバージョンを上げざるを得なく、その影響でDBD::mysqlがインストール出来なくなった。

mampな環境のmacにdbdmysqlをインストールの手順だとエラーが出る。(正確に言うと、/tmpが残っている間は成功する)

上記手順でbuildしたものを削除してからcarton installした時のログ

実行環境
macOS Catalina 10.15.3
MAMP 3.5.2
MySQL 5.5.42

Searching DBD::mysql on mirror index /Users/clicktx/***/***/***/local/cache/modules/02packages.details.txt ...
--> Working on DBD::mysql
Fetching http://cpan.metacpan.org/authors/id/D/DV/DVEEDEN/DBD-mysql-4.050.tar.gz
-> OK
Unpacking DBD-mysql-4.050.tar.gz
Copying DBD-mysql-4.050.tar.gz to /Users/clicktx/***/***/***/local/cache/authors/id/D/DV/DVEEDEN/DBD-mysql-4.050.tar.gz
Entering DBD-mysql-4.050
Checking configure dependencies from META.json
Checking if you have DBI 1.636 ... Yes (1.639)
Checking if you have ExtUtils::MakeMaker 6.58 ... Yes (6.98)
Checking if you have Data::Dumper 2.172 ... Yes (2.172)
Checking if you have Devel::CheckLib 1.09 ... Yes (1.14)
Configuring DBD-mysql-4.050
Running Makefile.PL
I will use the following settings for compiling and testing:

  cflags        (mysql_config) = -I/Applications/MAMP/Library/include/mysql -fno-omit-frame-pointer   -g -DNDEBUG
  embedded      (mysql_config) = 
  ldflags       (guessed     ) = 
  libs          (mysql_config) = -L/Applications/MAMP/Library/lib -lmysqlclient -lz
  mysql_config  (environment ) = /Applications/MAMP/Library/bin/mysql_config
  nocatchstderr (default     ) = 0
  nofoundrows   (default     ) = 0
  nossl         (default     ) = 0
  testdb        (environment ) = test
  testhost      (environment ) = localhost
  testpassword  (environment ) = root
  testport      (environment ) = 3306
  testsocket    (default     ) = 
  testuser      (environment ) = root

To change these settings, see 'perl Makefile.PL --help' and
'perldoc DBD::mysql::INSTALL'.

Checking if libs are available for compiling...
dyld: Library not loaded: /tmp/mysql-5.5.42/libmysql/libmysqlclient.18.dylib
  Referenced from: /Users/clicktx/.cpanm/work/1584659015.38984/DBD-mysql-4.050/assertlibBS_L2R_L
  Reason: image not found
wrong result: 'mysqlclient'
-> N/A

手順変更

/Applications/MAMP以下にbuildしたMySQLを残しておく手順に変更。

実行したcommand

$ mkdir -p /Applications/MAMP/Library/src
$ cd /Applications/MAMP/Library/src
$ wget http://downloads.mysql.com/archives/mysql-5.5/mysql-5.5.42.tar.gz
$ tar zxvf mysql-5.5.42.tar.gz
$ rm -f mysql-5.5.42.tar.gz
$ cd mysql-5.5.42
$ cmake . \
    -DMYSQL_UNIX_ADDR=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock \
    -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/Applications/MAMP/Library
$ make -j 3
$ cp -v libmysql/*.dylib /Applications/MAMP/Library/lib
$ mkdir -p /Applications/MAMP/Library/include/mysql
$ cp -v include/*.h /Applications/MAMP/Library/include/mysql

.bash_profileに追加するもの

# export path for MAMP
export PATH="$PATH:/Applications/MAMP/Library/bin/"
export DBD_MYSQL_CFLAGS=-I/Applications/MAMP/Library/include/mysql
export DBD_MYSQL_LIBS="-L/Applications/MAMP/Library/bin/mysql -lmysqlclient"
export DBD_MYSQL_EMBEDDED=
export DBD_MYSQL_CONFIG=/Applications/MAMP/Library/bin/mysql_config
export DBD_MYSQL_NOCATCHSTDERR=0
export DBD_MYSQL_NOFOUNDROWS=0
export DBD_MYSQL_SSL=
export DBD_MYSQL_TESTDB=test
export DBD_MYSQL_TESTHOST=localhost
export DBD_MYSQL_TESTPORT=3306
export DBD_MYSQL_TESTUSER=root
export DBD_MYSQL_TESTPASSWORD=root

Filed under: Mac,MySQL,perlモジュール,開発環境

Trackback Uri






2020年 3月 3

環境

  • macOS Catalina(10.15.3)
  • MAMP 3.0.7.3

なぜMAMP3.x?

MAMP4系以上はphp7が標準で、php5系を使うのが面倒そう。レガシー。

PHPのHTTPS通信、SSL暗号方式をTLS1.2に対応させてみた – ノラプログラマーの技術メモ にあるけど、

TLS1.2に対応するためには、cUrlのバージョンが7.34.0以上かつOpenSSLのバージョンが1.0.1以上でなければならない

これに対応するだけのために2日間つぶした。

手順

大体以下のページの通り

php – How to upgrade OpenSSL in MAMP – Stack Overflow
lunr/mamp-curl-tls: Instructions to upgrade MAMP to use OpenSSL 1.0.2 to support TLS 1.2 connections

  • post時点でbrewでインストール出来るopensslのバージョンは1.1.1で、上記手順ではうまく行かない。
  • MAMP3.0系ではcurlのバージョンが低すぎてうまく行かないため、3.5系にupgradeする必要がある

やったこと

程よいバージョンのMAMPとcurlとopensslが必要。高過ぎず低すぎず。

  • openssl 1.0.2のビルド&インストール
    • 1.0.1だとうまく行かない(うろ覚え)
  • ビルドしたopensslを使用したcurl 7.43.0のビルド&インストール

MAMP

Downloads (older versions) – MAMP & MAMP PRO

から3.5.2をダウンロード&インストール。

openssl

https://www.openssl.org/source/old/あたりから1.0.2のソースをダウンロード。
通常は使わないので、MAMP以下(/Applications/MAMP/Library/lib/openssl)にインストールしておく。

64bitなので./configureではなく./Configureを使わなくてはだめらしい。

cd ~/Downloads
wget https://www.openssl.org/source/old/1.0.2/openssl-1.0.2u.tar.gz
tar zxvf openssl-1.0.2u.tar.gz

cd ~/Downloads/openssl-1.0.2
./Configure darwin64-x86_64-cc --openssldir=/Applications/MAMP/Library/lib/openssl

make
make install

curl

下準備

curlバージョン確認
https://github.com/lunr/mamp-curl-tls#3-check-the-curl-version-included-with-mamp

/Applications/MAMP/Library/bin/curl-config --version
libcurl 7.43.0

CA/CertificateをMAMPに設置する
https://github.com/lunr/mamp-curl-tls#5-download-ca–certificate-bundles-and-extract-into-mamp

cd ~/Downloads
wget https://github.com/lunr/mamp-curl-tls/raw/master/ca-bundle.tgz
tar zxvf ca-bundle.tgz -C /Applications/MAMP
curlをインストール

https://curl.haxx.se/download/から該当するバージョン(7.43.0)をダウンロード。

cd ~/Downloads
wget https://curl.haxx.se/download/curl-7.43.0.tar.gz
tar zxvf curl-7.43.0.tar.gz

cd ~/Downloads/curl-7.43.0
./configure --prefix=/Applications/MAMP/Library --with-ssl=/Applications/MAMP/Library/lib/openssl/ --with-ca-path=/Applications/MAMP/etc/openssl/certs --with-ca-bundle=/Applications/MAMP/etc/openssl/certs/ca-bundle.crt

make
make install

諦めたこと

  • brewで特定のバージョン(openssl)をinstall
    • gitログを辿ってやるしかないっぽい。面倒

雑感

モダンな開発環境に変えたい。


Filed under: インストールメモ,開発環境

Trackback Uri






2013年 3月 26

  • OSX Mountain Lion 10.8.3
  • groonga 3.0.1
  • MySQL 5.5.30
  • MAMP 2.1.4

groongaのインストール

groongaはMacportsでインストールする。

sudo port install groonga

groongaをインストールするとmysql55もインストールされるのでソースコードはこれを使う。…と、思ったら最近のmacportsはバイナリをダウンロードするらしい(Shibu’s Diary: MacPortsは生まれ変わった

MacPortsのバイナリダウンロードはビルドした時と違うファイルになる場合があるっぽい – kanonjiの日記 ココを読むとソースコードからインストール出来るオプションが有るみたい。

#一度アンインストールして...
$ sudo port uninstall mysql55 @5.5.30_1

# -s オプションを付けてソースからインストール
$ sudo port install -s mysql55

ソースのpathはこんな感じ
/opt/local/var/macports/distfiles/mysql55/mysql-5.5.30.tar.gz
なので、これをコピーして解凍する。

#無い場合はsrc ディレクトリを作って
$ mkdir ~/src
$ cd ~/src
#
$ sudo mv /opt/local/var/macports/distfiles/mysql55/mysql-5.5.30.tar.gz ~/src/mysql-5.5.30.tar.gz 
Password:
$ tar zxvf mysql-5.5.30.tar.gz

mroongaのインストール

packages.groonga.org から最新版のmroongaをダウンロードします。このエントリーを書いている時点の最新版は mroonga-3.01.tar.gz です。

ダウンロードして解凍します。

$ wget http://packages.groonga.org/source/mroonga/mroonga-3.01.tar.gz

tar zxvf mroonga-3.01.tar.gz

2. インストールガイド — mroonga v3.01 documentation を読むと、

groongaを/usr/libなど標準のパス以外にインストールした場合はPKG_CONFIG_PATHを指定する必要があります。例えば、ーーprefix=$HOME/localでgroongaをインストールした場合は以下のようにします。

とあります。

pkg-configのpathは

$ which pkg-config
/opt/local/bin/pkg-config

mysql_config のpathは

$ which mysql_config
/usr/local/bin/mysql_config

MySQLのソースのpathは先程解凍したものとなりますので、configureは以下のようになります。

$ cd mroonga-3.00
$ ./configure \
  PKG_CONFIG_PATH=/opt/local/bin/pkg-config \
  --with-mysql-source=$HOME/src/mysql-5.5.30 \
  --with-mysql-config=/usr/local/bin/mysql_config

その後 makeを実行します。

$ make
$ sudo make install

/opt/local/lib/mysql55/plugin/ 以下にmroongaがインストールされます。

後は公式ガイド通り

mysql> INSTALL PLUGIN mroonga SONAME 'ha_mroonga.so';

mysql> CREATE FUNCTION last_insert_grn_id RETURNS INTEGER soname 'ha_mroonga.so';

を実行します。

ちなみにいつの間にかMAMPのMySQLがバージョン5.5になっていたので、別途MySQLをインストールしなくてもmroongaが使えるのではないかと思い試してみたけど、make出来ないので諦めた。


Filed under: Mac,MySQL,インストールメモ

Trackback Uri