Tag: レポート



2013年 6月 10

Gunma.web #13 : ATND

遅くなりましたが、2013/05/18に開催されたGunwa.web#13のレポートです。

今回の会場は高崎駅前プラザホテル内の会議室。入口付近に怪しげなお店があり、アウトロー感満載なふいんきです。この会場は飲食物持ち込み禁止とのこと。水のペットもダメなのかしら?休憩時間にコーヒーを頂きましたが、@tsurumauさんのご厚意でオーダー頂いたとの事。感謝。

それでは簡易ながらレポートを。

「Enalica」@ivoryworks さん

Yahoo!のルビ振りAPIを使ってwebサービスを作ったよ!というお話。

  • 「Enalica」という名前に意味は無い
  • 入力された文字列をルビ振りAPIで解析
    • 結果はXMLで帰ってくる
  • ア段をオ段に変換
    • かんたんじゃないか
    • こんとんじょのいこ
  • 読みの誤変換
    • 助詞の「は」の問題
    • 半角(スペース)で区切る
  • ルビタグ有効活用出来た

あしらっているイメージキャラクターの少年が子役時代から有名な某氏に似ているけど、気にしてはいけません。この少年の表情、ものすごくマッチしています。

このサービスで遊ぶ際には脳内で彼(少年)の喋り方に変換するとより一層美味しく楽しめます。つい、思い出し笑いしたりするので他人が近くにいる時などは注意が必要です。変な人だと思われるので。

毎度のことですが、こういった一見単純だけど、なかなか気が付かないアイデアっていつ出てくるのか不思議です。いつもこんな事考えているのかな。

是非 Enalica で遊んでみて下さい。簡単じゃないか!

「Localize」@yterajima さん

最近行ったオープンソースの日本語化のお話。

  • 英語→日本語 難しくないよ!
    • 神ツール「google翻訳」
  • なぜLocalize?
    • 日本語化されてないと導入が進まない
    • 皆んなで読むのに個々で翻訳するコストは無駄
  • メリットあるの?
    • 結構いいことがある
    • 書いて良いか分からないので略

個人的には作業工程のわざとコンフリクトさせて…というのが気になりました。そのためにオリジナルの文章と行などを揃えて置くことが必要と。きっとgit使っているのだと思うのですが、どう作業しているかピンときません。gitの勉強会がもうすぐあるのでその時にでもちょっと聞いてみたいです。

個人的な目標として英語の学習を立てている(進んでいませんが)のですが翻訳作業なんかも勉強になりそう。その前に英語のままドキュメントを読む努力をしろという話ですね。

「クラウドを使ってみた話」 @clicktx

こちらのエントリーにスライドあげてます。

「GTDでタスク管理」 @caz0404 さん

  • GTD(Getting Things Done)
  • 頭の中を外へ
    • スッキリ
  • タスクを細分化する
    • つい「プロジェクト」をタスクとして扱いがち
  • プロジェクトに見えないものを細分化
    • 例)「サイト制作企画書を作る」はプロジェクト
      • 色々な調査
      • 目標設定
      • 企画書そのものを作る

話を聞いてて自分は「プロジェクト」をタスクとして扱っているな、と思い当たるフシがありました。タスク管理はとても苦手なので参考にして仕事が出来る人間になりたいと思います。

次回にツールを紹介してくれるようなので期待してます。

オサレなプレゼンツールを使っているので聞いてみたところ、 Prezi というwebサービスとの事。なんかこのツールでwebサイト作れちゃいそうな感じですね。

「プロメテウスとわたし」 @track8 さん

guRuby主宰の@track8さんのお話。

  • guRuby
    • 初開催 2010/9 第三水曜
  • Gunma.web
    • 初開催 2010/8/21
    • 少し先輩
    • レストランとかで開催しててなんか華やか
  • 群馬は勉強会無い
  • 北関東にはエンジニアなんていない(と思っていた)
    • 実はひっそり存在していた
  • guRuby高崎計画

群馬で開催される技術系の勉強会は数少ないですけれど、こうして少しずつ増えています。参加できる勉強会があるというのはありがたいことです。色々なことを知る良いきっかけになります。また、何かを作ったり、勉強するモチベーションに繋がります。

RubyKaja

Ruby界隈ではRubyKajaというコミュニティに貢献した人を互いに褒め合い賞賛し合う文化があるそうです。今回guRubyから選出されたのがGunma.web主宰でもある@kanayannetさんと発表がありました。おめでとうございます。パチパチ。

「プログラムウィッチーズ」 @tsurumau さん

Gunma.webのマスコットこと@tsurumauさんの発表です。

発表が始まるやいなや着替えてくる(!?)とか言ってます。まさかのスク水かと思いましたが、思惑は外れて頭になにかつけています。どうやら脳波を測定する装置みたい。

  • 元ネタ ストライクウィッチーズというアニメ
    • 魔法でプログラミング出来ないか?
    • プロセッシング?脳波?
  • まずは防御から
    • OpenGL
    • 白をトラッキング
    • シールドを出す
  • 脳波でプログラミング
    • ニューロスカイ マインドウェーブ
    • α波やθ波
    • 集中大事
    • なんと!文字を打ってる!脳波でプログラミングすごい!!!!11

ここまで@tsurumauワールド全開、ついにここまで来たか!という感じです。人間やればなんでも出来る、そんな矢先でした。

  • 実はインチキ
  • 脳波拾っていない

え?

会場にいる全員口が開いていました。現状だと文字入力も難しいそうです。ホント騙されました。悔しいです。

  • 信号処理,OpenGL,GLSL,ロゴ作成、前日になった
  • これからも変わりなくお付き合い下さい

皆さん心が広いから変わりなくお付き合いしてくれると思うけど、騙した罰として次回はスク水で参戦確定ですね。そうそう、すっかり忘れていたけど、どうやらぱんつを見せるためのスライドだったようです。完全にセクハラですね。

「windows store app を HTMLベースで作ってみた」 @kanayannet さん

主宰の@kanayannetさんのお話。

  • js,css,htmlでwindows store app
    • webアプリ作成者も興味ありそう
  • とはいえ専用のObject method群は必要
  • jQuery使える
    • jquery2.0以降ならそのまま使える
  • IE10との違い
    • Windowsランタイムへのアクセス
  • Visual Studio Express
    • 無料版でも十分?
    • 試してみて必要になれば有料版を試せば良い

以前@kanayannetさん作成したiPhoneアプリを移植して、そちらをサンプルとして解説していました。

ちょっとググったところwindowsストアアプリは従来のWindowsアプリとは別物なのかな?なにぶん、winに関してはほぼ触ることがないのでピンときていません。大きな点はJavaScriptでデバイスにアクセスできて、Viewの部分はHTMLとCSSで作れる=webの開発とほぼ同じ工程で可能という事でしょうか。

webとの融合性も高そうな感じだし、触る機会を作ってみようかな。まずはデバイスを用意しなくてはいけませんが。自分が普段触らないことを知るきっかけになる、こういうのも勉強会の醍醐味です。

2次会

Gunma.web #13 2次会 : ATND
会場 :Gru

今回はGunma.webでは恐らく初のアルコールあり懇親会でした。ぐんまRuby会議の時に一度来たのですが、シャレオツなお店です。

Gru

前回飲むのを逃しただるまハイボールを頂きました。サントリーオールド、通称「ダルマ」を使ったハイボールで、グラスもダルマです。高崎はダルマの聖地ですし。

だるまハイボール

たまにはお酒を飲みながらのコミュニケーションもいいですね!団体予約が入っていて、短い時間だったのがちょっと残念でした。ま、3次会でも呑んだくれてたわけですが、、、。

いつぞや話が出ていた、スピンオフ的な会で温泉.webみたいなの出来れば楽しそうだなぁ。という話をしていたような記憶があります。

今回のGunma.webも とのしこっとです。


Filed under: 勉強会

Trackback Uri






2013年 2月 28

今回のGunma.webは旧暦でいう大晦日開催。高コンの前座ということもあり、過去最大の参加人数33名(!)となりました。やはり年の瀬となると沢山の人が集まるのは当然なのでしょうか。LTの数も9本とこちらも最多記録。今回はバトル形式らしいです。

開催からやたら時間が経ってしまいましたがレポートです。

LT/発表一覧


「正解がわかりません」 LT @korogaru さん

A/Bテストのお話。

LT初という事でバトル前座を希望したものの思惑とは異なり一発目の発表となってしまったというド緊張必至の順番。

A/Bテスト。サービスリリース後、どう改善すればより良い結果になるのか。テストでは分かり得ない、実際のユーザーの行動に基いて改善していくのに必要な方法。という認識。

A/Bテストを行う上では小さく始めてみることが大事との事。また、分析するデータもクリック率だけではダメで、コンバージョン率を意識しないとあらぬ方向へ行くことも。きちんとデータを取れば2、3倍は難しいが、1.2倍や1.3倍ならある。

個人的にはわりと大規模なサービスでないとなかなか難しいかな、と思っていたりします。いや、個人的なサービスしかしていないのでよくわかりませんが。質問にも出ていましたが、自社にエンジニアがいないと難しそうですね。

「正解がわかりません」

きっとそれでいいのです。人生に正解などありえないのだから…。


「vimをつくってみた」 LT @tsurumau さん

JavaScriptのフレームワークでvimを作ったというお話。

  • impact game engine
  • JSとHTML5でゲームを作る
  • 価格は99ドル
  • ブラウザで動作するのでデスクトップでもモバイルでも動作するみたい。調べてみたら、60フレーム/秒とか実現しているらしい。

    で、今回のvimはvi-impact。impactで作られたviって事みたい。

  • コマンド カーソルの移動と入力くらい
  • 独自なコマンド
  • 著作権考慮
  • ギリギリまで作業していたみたいで動かない機能が若干あったみたいだけど、デモが始まって…wwwwww。

    これは見ないとわかりません。ぜひデモを試してみて下さい!楽しいよ!
    vi-impact Github

  • :set impact
  • :set cat
  • は必見ですww
    ※どうやらUSキーボードじゃないと動作しないみたいです

    実装にはほとんどフレームワークの機能を使っていない、との事でこの方は一体どこを目指しているのでしょうか?

    PS.群馬でアルゴリズムを学ぼう お世話になりました!


    「Photoshopの自動処理で効率作業」 LT @caz0404 さん

    PhotoShopのアクションパネルで自動処理が出来るよ!というお話。

    解像度の変更、明るさ、シャープ等の作業を記憶しておいて、複数の画像に対して自動処理する事が出来る。また、フォルダ単位で実行も可との事。なるほど。

    あるアクションを無効化にしたり、途中でパラメータを指定出来たりとたくさんの画像を処理する時には便利そうです。画像処理系のソフトは中々使いこなすのが難しいですが、こんな感じで紹介してもらえるとスキルアップに繋がりそうです。

    初LTにチャレンジと言う事でしたが、スライドではなくムービーで発表するという一風変わったLTでした。絶対時間オーバーしないってこの事だったんですね。納得。

    個人的には高コン観戦しながらのお酒に行けなかったのが無念です。次の機会には是非。


    「モダンすぎる静的サイトの作り方」 LT @yterajima さん

    静的サイト生成ツールのMiddlemanのお話。個人的に非常に興味があるお話。

    CSSにはLess、Sass等のCSSプリプロセッサがあるけれども、HTMLはどうするか。

    非常に直面する事が多い問題です。閉じタグ嫌い←同意。ボクは結局HTML書くのですが…。

    Slimというテンプレートエンジンを使うとタグを使わずに済む。SlimはHamlを進化させたもの。Slim + Sassがおすすめ。でも、この組み合わせで作業しているとちょっとした悲劇が襲うことになる。

    Sass   →      convert to CSS
     ↑                     ↓
    convert to HTML ← Slim/Haml

    無限連鎖…。

    この解決策がMiddlemanという事です。middlemanとは static site jenerater(静的サイト生成ツール )の事で、静的サイトを作るためのツール群とでもいうのでしょうか。

    middlemanのドキュメントは英語なのですが、実は日本語訳を作ったとのこと。これで勝つる。
    http://middleman-guides.e2esound.com/

    ただし、これを使うにはターミナルという黒い画面(macのデフォルトでは白い画面ですが)を使う必要があります。ボクは使っているのでモーマンタイです。最近静的なサイト作り手を出す事が億劫になっているので、いいきっかけになればいいな。

    という事で、agatsuma.survive#02 おじゃまします。


    「エンジニアがTRPGをやるべき理由 〜隣り合わせの遊びと技術〜」 LT @parrot_studio さん

    TRPG = テーブルトークRPG。前回のGunma.webの時にちょこっと話が出ていましたが、自分は馴染みがなくどんな感じでプレイするのか今だにイメージが出来てません。

    GM(Game Master)と呼ばれる人がシナリオを進めるようです。使うものは紙と鉛筆とサイコロ。勝手なイメージではスゴロク的な人生ゲーム的な感じです。きっとぜんぜん違うんだとは思いますが。

    そしてこのTRGPがAjile的だ、という事。

    TRPGをプレイすることによって論理構成力、コミュニケーション能力、アドリブ力、リソース管理能力、判断力等々の非技術的なスキルが磨かれる→結果的に合理的にスピード感のある仕事やプロジェクトの進行が出来る=アジャイル的って事かな?

    恥ずかしながらAjileという言葉にいまいちピンときていません…。(@parrot_studioさんのブログでは「概念であり結果」と綴られています)

    マツコ的に言うとふわふわっとしたものなんでしょうね。TRPGをプレイしてみれば分かるのかしら。


    「javascriptで苦戦した経験」 LT @kanayannet さん

    JavaScriptでの経験談のお話。

    何かと躓きやすいJSですが、しばらく書いていないと忘れて同じ所で躓くという事を思いだしました。JavaSsriptにおけるグローバル変数って単に大元であるwindowオブジェクトに属している値やメソッドであると、考えると

    function Test(aaa,bbb){
        this.x = aaa;
        this.y = bbb;
    }
    
    var Test = function (aaa,bbb){
        this.x = aaa;
        this.y = bbb;
    }
    

    となるので、Test()は window.Test() と同義。となるとthisに入るのはwindowオブジェクトそのもの。this.xはwindow.xと同義になるのでグローバル変数xが汚染される…となるのですが、忘れます。手を動かして思い出しました。

    また、巻き上げの件では、

    global = 'global';
    
    function func(){
      console.log(global); // undefined
      
      var global = 'local';
      console.log(global); // local
    }
    
    func();
    console.log(global); //global
    

    となるようで、コンパイルと実行の関係なのでしょうか。JavaScriptの場合は関数スコープしか無いのでどこで変数宣言しても先頭で宣言したことになる…って読んだことあるような無いような…。

    最近は純粋なJavaScript書く事があまりなくて、専らjQueryだったりするので余計に忘れてしまいます。

    JavaScript=全てがオブジェクトで出来ているっていうのを考えると、OOP(オブジェクト指向プログラミング)を覚えるのに最適な言語なのではないかと思っていたりします。ブラウザで動くしね。

    こういう経験談的なLTもいいのではないか?

    確かにこのような機会があることで試してみたり、再発見することは多いと思います。今回も再確認する良いきっかけになりましたし。ボクも誰か一人でも役立つような発表が出来るよう精進しようと思います。


    「MTCafe Gunma 2013へのお誘い」 LT @hjfuji さん

    3月2日(土)に開催されるMTCafe Gunma 2013の告知LTです。

    MTというのはMiyagawa Tatsuhikoの略…ではなく、Movavle Type。MTはperl製のCMS(Blog)で、以前から知っていましたが使ったことはありませんでした。perl使いなのに…。blogを開設しようとしていた当時はOSS版が無かったので…。

    MTは2011年からシックス・アパート日本法人が扱っているとの事。シックス・アパートはボクの尊敬するTatsuhiko Miyagawaさんもエンジニアとして在籍していたのでとても気になります。

    MTCafe Gunma 2013、参加させて頂きます!


    「Koi::Bana」LT @clicktx

    前エントリーに書きました。


    「Nuuk Jam」 LT @ivoryworks さん

    エディタを作ったお話。まさかのカブり。と、思わせておいて…。
    どこからこの発想が浮かんだのか実に変態的です。URL shortenerいわゆるURLを短縮するサービスを使ってファイルを保存するというwebサービス。

    http://goo.gl/

    googleが提供しているURL短縮サービスですが、トップレベルドメインである.gl=グリーンランドみたいです。.jp=japみたいなものですね。Nuukはグリーンランドの首都みたいです。

    保存方法は対象のデータをURLエンコードして、これを含んだURLを生成。このURLをURL Shortenerで短縮させる。http://goo.gl/6dTBg のように短縮されるので 6dTBgにデータが紐付く。ここまで基本。

    で、どこらへんがジャムかって言うと大きなファイルを保存する時。

    例えば画像の場合はdata URI schemeという画像データをbase64エンコードして作られたURIを元に分割して保存する仕組みになっているので複数の短縮URLが生成されます。これを元の画像に復元する時に1つにする=詰め込む、という事に由来しているようです。だから頻繁にパンを焼いていたのですね。

    なぜ分割するかについて。実はURLの長さについてはRFCで定められていないそうですが、googleのAPIに制限があるからとの事。あまりにも長いURLはブロックされるみたい。googleはNuuk Jam想定内なのかもしれません。

    ただひたすら、無駄に短縮URLを消費していくという実に変態的な仕様に笑いが止まりませんでした。ネーミングセンスも抜群だしね。

    と、@ivoryworksさんのエントリー読んだらアイデア自体は同様の事をしていた先人がいた様子。このエントリーを見て思い出した言葉があります。

    良いと思えるアイデアが閃いたら、まずは世の中に同じアイデアのプロダクトがないか徹底的に調べる事が重要です。


    所感とか

    初参加の方も多数、参加人数も最多という事もあり、なんとなくですが発表者の面々はいつもよりも緊張していたのではないでしょうか?私?パなかったですがなにか?

    主催もおっしゃっていましたが、技術関係のみならず色々なLT/発表が出来るのがGunma.webの特徴の一つ。新しい発表者が増えるともっともっと盛り上がると思うので、是非チャレンジしてみて下さい!

    関連リンク

    発表のスライド等のリンクは以下のリンクから閲覧できます。


    Filed under: 勉強会

    Trackback Uri