Tag: エディタ



2013年 10月 5

コード書く時に画面分割して作業する時は多いと思います。SublimeTextでも画面分割を使う事ができますが、別ファイルをそれぞれのウィンドウに表示するのは簡単にできるのだけど、同じファイルを複数のウィンドウに表示する方法が分かりませんでした。

やり方は、Sublime Text2 で 1 つのファイルを分割表示する | DeVlog – 銀の翼で翔べ – このエントリーが全てです(w

で、このエントリーの中で「SimpleClone」というプラグインが紹介されていますが、これが超便利!

  • コマンド+Shift+P で Install Package
  • Simple Cloneインストール

ViewメニューにSimple Cloneが追加されて、縦分割、横分割、新規ウィンドウで開くメニューが追加されます。

SublimeText - Simple Clone Plugin

キーボードショートカットを変更

defaultの ⌘+shift+(→ or ↓)だと行選択等とカブるので変更する。⌘+controlあたりに割り当ててみると使いやすいかな?

Preferences > Key Bindings – User に下記のように追加。

[
  {
    "keys": [
      "super+ctrl+right"
    ],
    "command": "simple_clone",
    "args": {
      "location": "right"
    },
    "context": [
      {
        "key": "simpleclone_keymap_enabled.right"
      }
    ]
  },
  {
    "keys": [
      "super+ctrl+down"
    ],
    "command": "simple_clone",
    "args": {
      "location": "down"
    },
    "context": [
      {
        "key": "simpleclone_keymap_enabled.down"
      }
    ]
  },
  {
    "keys": [
      "super+ctrl+alt+n"
    ],
    "command": "simple_clone",
    "args": {
      "location": "new_window"
    },
    "context": [
      {
        "key": "simpleclone_keymap_enabled.new_window"
      }
    ]
  }
]

Filed under: Mac,プログラミング

Trackback Uri






2013年 3月 26

最近の勉強会でMarkdownで書け!って教わったのでブログもテキストもMarkdownで書くように試しているのだけれど、愛用しているSublime Text2でプラグイン探したら便利なのがあった。

Markdown Preview plugin

Sublime Text2で編集すれば保存しなくてもリアルタイムでプレビュー出来るすぐれもの。こんな風にエディタとブラウザを並べて表示しておけばとても便利。

sublime text2 + markdown prevew plugin

素晴らしいプラグインです。

インストール

コマンドパレットから簡単にインストール出来ます。

  1. ⌘ + P で install を入力して選択。
  2. Markdown Preview を入力して選択。

これだけ。

プレビューのショートカット

⌘ + option + O(オー)でブラウザが開いてプレビューできる


Filed under: Mac,開発環境

Trackback Uri






2013年 2月 17

Build Systemの新規作成

Sublime Text 2のBuild Systemにはデフォルトだとperlの設定が無いので新たに設定ファイルを作成する必要がある。

Tools > Build System > New Build System… を選択
SublimeText2 - New Build System...
untitled.sublime-build が開かれるので編集する。

{
    "cmd": ["perl", "-w", "$file"],
    "file_regex": ".* at (.*) line ([0-9]*)",
    "selector": "source.perl"
}

-w を -c にすると実行しないで文法チェックだけ行える。

ファイル名を Perl.sublime-build に変更して Packages/Perl に保存する。
Perl.sublime-buildの保存場所

コードの実行

⌘+Bで実行可能です。
SublimeText2 perl script 実行結果

参考

Sublime Text 2をMacで使う | Kitchen Garden Blog
Perl Build System File for sublime text editor

2013/3/14追記:

PATHが通っていない問題を解消する

perlのbuildシステムが使えるようになったけど、macだとpathが通っていないのでモジュールを使ったりする時にエラーになる。

Sublime Text 2 と環境変数 を見ると環境変数を設定できるみたい。

{
    ...
    "build_env":
    {
        "PATH": "/usr/local/bin:/usr/bin"
    },
    ...
}

のように build_env という項目を追加すればいいみたい。pathの確認はmacの環境ならターミナルで、

$ echo $PATH
/Developer/usr/bin:/opt/local/bin:/opt/local/sbin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/X11/bin

表示されたpathを “PATH”: に設定すればおk。設定ファイルは Preference > Settings – Userで表示されます。

SublimeText2 Settings - User


Filed under: Mac,メモ,開発環境

Trackback Uri