Apache



2010年 6月 16

utterramblings レポジトリを使い apache を2.2.15 へ yum でアップデートする。
phpも5.2.13 へアップデートされる。
remiレポジトリでもいいけど PHPが5.3になってしまうので。 .. continue reading ..


Filed under: Apache,CentOS4.x,PHP,インストールメモ

Trackback Uri






2010年 3月 18

Apacheの設定ファイル httpd.conf でServerLimit を変更する場合、restart では反映されない。

[Thu Mar 18 18:01:13 2010] [warn] WARNING: Attempt to change ServerLimit ignored during restart

このようなエラーがログに残る。
stop した後に start で Apacheを起動すると ServerLimit の変更を反映する事が出来る。


Filed under: Apache

Trackback Uri






2010年 1月 21

Apacheの設定ファイルが正しいかhttpdを起動する前に確認する

/usr/sbin/apachectl configtest

設定ファイル(httpd.conf)に文法エラーが無ければ
Syntax OK と表示されるはず。

何らかのエラーがある場合は

Syntax error on line 31 of /etc/httpd/conf/httpd.conf:
Invalid command ‘¥x11’, perhaps mis-spelled or defined by a module not included in the server configuration

などとエラーメッセージを表示する。

/etc/httpd/conf.d 以下にある設定ファイルはチェックされないので注意。


Filed under: Apache,LINUX

Trackback Uri






2009年 11月 2

webサーバのlogwatchから送信されてくるメールの容量が400kbyteとか600kbyteとか、かなり大きいので対処方法を検索した所以下のページを発見。

参考:logwatch に大量の Apache アクセスログが添付される | futuremix

CentOS や Fedora Core には LogWatch というアプリケーションがついており、毎晩各種ログを検査して、問題のある部分を抜き出して送ってきてくれます。しかし Apache のログが大量に記録されてメールに添付され、私のサイトでは毎日数100KB のメールが届きます…

対処方法は参考ページにあるのだけれど、一応コピペ。

vi /etc/log.d/scripts/services/http

   $content_types =  $content_types.'|\.htm|\.html|\.jhtml|\.phtml|\.shtml|\/';
   ↓追記
   $content_types =  $content_types.'|\.html#.*|\/[a-zA-Z0-9\-_\/\!]+|\/[a-zA-Z0-9\-_\/\!]+#.*|\/';
   $content_types =  $content_types.'|\.inc|\.php|\.php3|\.asp|\.pl|\.wml|\/';

検査するときの条件を付け加える事で全部ではないけれど抑えられる。

2011-08-11追記
CentOS5.5だと設定ファイルの場所が変わってる。
/usr/share/logwatch/scripts/services


Filed under: Apache,サーバ管理

Trackback Uri






2008年 7月 9

Apacheには、標準で「ab」(Apache Bench)というツールが付属している。abの構文は、

ab [options] URL

のように、オプションとテストを実行するURLを指定する。

詳しい使い方は以下
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/apache15/apache15b.html

PERL(CGI)の処理時間を計測するには?

ターミナルを立ち上げ、パスの前に「time」と打ち込むだけ。
たとえば、「./myProgram.pl」というPerlスクリプトの場合

$ time ./myProgram.pl
real    0m3.093s
user    0m2.820s
sys     0m0.150s

詳しい使い方は以下
http://fstyle.ddo.jp/archives/2006/10/post_367.html


Filed under: Apache,perl

Trackback Uri