2020年 3月 3

環境

  • macOS Catalina(10.15.3)
  • MAMP 3.0.7.3

なぜMAMP3.x?

MAMP4系以上はphp7が標準で、php5系を使うのが面倒そう。レガシー。

PHPのHTTPS通信、SSL暗号方式をTLS1.2に対応させてみた – ノラプログラマーの技術メモ にあるけど、

TLS1.2に対応するためには、cUrlのバージョンが7.34.0以上かつOpenSSLのバージョンが1.0.1以上でなければならない

これに対応するだけのために2日間つぶした。

手順

大体以下のページの通り

php – How to upgrade OpenSSL in MAMP – Stack Overflow
lunr/mamp-curl-tls: Instructions to upgrade MAMP to use OpenSSL 1.0.2 to support TLS 1.2 connections

  • post時点でbrewでインストール出来るopensslのバージョンは1.1.1で、上記手順ではうまく行かない。
  • MAMP3.0系ではcurlのバージョンが低すぎてうまく行かないため、3.5系にupgradeする必要がある

やったこと

程よいバージョンのMAMPとcurlとopensslが必要。高過ぎず低すぎず。

  • openssl 1.0.2のビルド&インストール
    • 1.0.1だとうまく行かない(うろ覚え)
  • ビルドしたopensslを使用したcurl 7.43.0のビルド&インストール

MAMP

Downloads (older versions) – MAMP & MAMP PRO

から3.5.2をダウンロード&インストール。

openssl

https://www.openssl.org/source/old/あたりから1.0.2のソースをダウンロード。
通常は使わないので、MAMP以下(/Applications/MAMP/Library/lib/openssl)にインストールしておく。

64bitなので./configureではなく./Configureを使わなくてはだめらしい。

cd ~/Downloads
wget https://www.openssl.org/source/old/1.0.2/openssl-1.0.2u.tar.gz
tar zxvf openssl-1.0.2u.tar.gz

cd ~/Downloads/openssl-1.0.2
./Configure darwin64-x86_64-cc --openssldir=/Applications/MAMP/Library/lib/openssl

make
make install

curl

下準備

curlバージョン確認
https://github.com/lunr/mamp-curl-tls#3-check-the-curl-version-included-with-mamp

/Applications/MAMP/Library/bin/curl-config --version
libcurl 7.43.0

CA/CertificateをMAMPに設置する
https://github.com/lunr/mamp-curl-tls#5-download-ca–certificate-bundles-and-extract-into-mamp

cd ~/Downloads
wget https://github.com/lunr/mamp-curl-tls/raw/master/ca-bundle.tgz
tar zxvf ca-bundle.tgz -C /Applications/MAMP
curlをインストール

https://curl.haxx.se/download/から該当するバージョン(7.43.0)をダウンロード。

cd ~/Downloads
wget https://curl.haxx.se/download/curl-7.43.0.tar.gz
tar zxvf curl-7.43.0.tar.gz

cd ~/Downloads/curl-7.43.0
./configure --prefix=/Applications/MAMP/Library --with-ssl=/Applications/MAMP/Library/lib/openssl/ --with-ca-path=/Applications/MAMP/etc/openssl/certs --with-ca-bundle=/Applications/MAMP/etc/openssl/certs/ca-bundle.crt

make
make install

諦めたこと

  • brewで特定のバージョン(openssl)をinstall
    • gitログを辿ってやるしかないっぽい。面倒

雑感

モダンな開発環境に変えたい。

More from my site

  • MAMPな環境のmacにDBD::mysqlをインストール その2MAMPな環境のmacにDBD::mysqlをインストール その2 とある事情でMAMPのバージョンを上げざるを得なく、その影響でDBD::mysqlがインストール出来なくなった。 mampな環境のmacにdbdmysqlをインストールの手順だとエラーが出る。(正確に言うと、/tmpが残っている間は成功する) 上記手順でbuildしたものを削除してからcarton installした時のログ 実行環境 macOS Catalina […]
  • macでmroongaを使ってみる  – Macports編 –macでmroongaを使ってみる – Macports編 – OSX Mountain Lion 10.8.3 groonga 3.0.1 MySQL 5.5.30 MAMP 2.1.4 groongaのインストール groongaはMacportsでインストールする。 sudo port install […]
  • CentOS4.8 に Zend Framework をインストールCentOS4.8 に Zend Framework をインストール 環境 CentOS 4.8 Apache 2.2.15 PHP 5.2.13 Zend Framework ダウンロード http://framework.zend.com/download/latest 「Zend Framework Full Package」から Zend Framework 1.10 full […]
  • CentOS5.5に MySQL5.1 && php5.3 をyumでインストールCentOS5.5に MySQL5.1 && php5.3 をyumでインストール remiリポジトリの導入 MySQL5.1、PHP5.3 をインストール # yum --enablerepo=remi install mysql phpMyAdminで必要な php-mcrypt 等をインストール # yum --enablerepo=remi install php-mcrypt php-xml httpd-devel […]
  • CentOS5.5にZend OptimizerをインストールCentOS5.5にZend Optimizerをインストール Live Commerceを使うのにはZend Optimizerが必要なのでインストールする。 CentOS5.5(32bit) PHP 5.2.16 ダウンロード ダウンロード場所がわかりにくいので注意 ※Zend OptimizerをダウンロードするにはMyZendに登録する必要がある。 ゼンド・ジャパン株式会社 ダウンロード>Zend […]
  • centOS4.8 apache2.0.x を apache 2.2.15 へ yum でアップデートcentOS4.8 apache2.0.x を apache 2.2.15 へ yum でアップデート utterramblings レポジトリを使い apache を2.2.15 へ yum でアップデートする。 phpも5.2.13 へアップデートされる。 remiレポジトリでもいいけど PHPが5.3になってしまうので。 utterramblingsレポジトリ追加 # rpm --import […]

Filed under: インストールメモ,開発環境

Trackback Uri



コメントする