2013年 5月 13

openssl-develをインストールしてからインストールする。

sudo yum install openssl-devel
cpanm Net-SSLeay

More from my site

  • groongaCentOSにyumでmecabをインストールする どうやらcentosではmecab単体のパッケージが提供されていないので、groongaをインストールする。 2.5. CentOS — groonga v3.0.3ドキュメント groongaのリポジトリを追加 % sudo rpm -ivh […]
  • CentOS5.5 ImageMagick インストール関連CentOS5.5 ImageMagick インストール関連 ImageMagickのインストールはyumで管理するのが一番簡単。 ただし、CentOSのImageMagickはバージョンが古い(v6.2.8) ImageMagickのperlモジュール(PerlMagick?)はCPANでインストールすると入らないので、yumでスコッといれる。 yum install ImageMagick yum install […]
  • Mojoliciousアプリを UpStart + Sarver::Starter + Starlet で運用してみるMojoliciousアプリを UpStart + Sarver::Starter + Starlet で運用してみる Server::Starter + […]
  • Apache2.2にmod_SpeedyCGIを組込むにはパッチが必要Apache2.2にmod_SpeedyCGIを組込むにはパッチが必要 Apache2.2でSpeedyCGIのperlモジュールを使うのならyumなりで一発インストールできるけど、mod_SpeedyCGIをインストールしようとするとmakeでコケる。 どうやらパッチを当ててからmakeする必要があるようだ。 参考:Apache2.2にmod_SpeedyCGIを組み込む方法(パッチファイルのあて方) / レンタルサーバー […]
  • CentOS5.7にperlbrewをインストールCentOS5.7にperlbrewをインストール perlbrewのインストール Perlbrew 本家の手順でインストール&初期設定 $ curl -kL http://install.perlbrew.pl | bash $ ~/perl5/perlbrew/bin/perlbrew init $ echo 'source ~/perl5/perlbrew/etc/bashrc' […]
  • speedyCGIのインストールspeedyCGIのインストール rpmforgeリポジトリを導入していればyumでインストール出来る。 yum install perl-CGI-SpeedyCGI

Filed under: CentOS6.x,perlモジュール,インストールメモ

Trackback Uri



コメントする