2012年 5月 3

120503-0001
https://twitter.com/#!/javascript_j/status/197743453881380865
ココらへんのツイートからふとやってみようかと。
もともとのツイートはこのあたり

SublimeLinter

Kronuz/SublimeLinter – github
リアルタイムで構文チェックを行なってくれる。
JavaScriptの他にも下記の言語に対応している(みたい)

  • CoffeeScript
  • CSS
  • java
  • Javascript
  • Objective-J
  • perl
  • php
  • python
  • ruby

Sublime Package Controlをインストール

SublimeLinterをインストールするには Sublime Package Control をインストール必要がある。
Sublime Package Control – a Sublime Text 2 Package Manager by wbond

SublimeLinterのインストール

Sublime Package Control をインストールすると メニューに preference> Package Control が追加されるので選択する。
メニュー

Install Package を選択。
sublime text2 Package Control

テキストボックスに「SublimeLinter」を入力する。一部でも可。
選択すれば自動でインストール開始する。
Package Control: install package

Node.jsとnpmをインストール

node.js site
JavaScriptでJSHintやJSLintを使うにはNode.jsが必要。
普通にmac用のインストーラー(node-v0.6.16.pkg )をダウンロードしてインストール。

Node was installed at

   /usr/local/bin/node

npm was installed at

   /usr/local/bin/npm

Make sure that /usr/local/bin is in your $PATH.

JSHintのインストール

uipoet/sublime-jshint

  • JSHintはJSLintのフォーク。
  • JSLintを作った人はJavaScript Good Partsの著者らしい
    • JSLintはC言語並みにチェックが厳しいみたいなのでJSHintを使う
macbook:~ clicktx$ sudo npm install -g jshint
Password:
npm http GET https://registry.npmjs.org/jshint
npm http 304 https://registry.npmjs.org/jshint
npm http GET https://registry.npmjs.org/argsparser
npm http GET https://registry.npmjs.org/minimatch
npm http 200 https://registry.npmjs.org/argsparser
npm http GET https://registry.npmjs.org/argsparser/-/argsparser-0.0.6.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/minimatch
npm http GET https://registry.npmjs.org/minimatch/-/minimatch-0.0.5.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/argsparser/-/argsparser-0.0.6.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/minimatch/-/minimatch-0.0.5.tgz
npm http GET https://registry.npmjs.org/lru-cache
npm http 200 https://registry.npmjs.org/lru-cache
npm http GET https://registry.npmjs.org/lru-cache/-/lru-cache-1.0.6.tgz
npm http 200 https://registry.npmjs.org/lru-cache/-/lru-cache-1.0.6.tgz
/usr/local/bin/jshint -> /usr/local/lib/node_modules/jshint/bin/hint
jshint@0.6.3 /usr/local/lib/node_modules/jshint
├── argsparser@0.0.6
└── minimatch@0.0.5 (lru-cache@1.0.6)

動作確認

Preferences->Package Settings->SublimeLinter->Settings – Default から下記の場所を false->trueに変えるとより強調される。

    // If true, lines with errors or warnings will have a gutter mark.
    "sublimelinter_gutter_marks": false,

    // If true, the find next/previous error commands will wrap.
    "sublimelinter_wrap_find": false,

SublimeLinterの動作

エラーがあるところは強調や下線等してくれる。
ただ、jQueryのコードとかになるとエラーばっかりになってしまうのが…。
手動モードにしたほうがいいのかも。

ちなみにちょっと頑張ったんだけど、Perlの構文チェックを有効にする方法が分かりませんでした…。

書籍

SublimeTextの本出たみたいですね!

More from my site


Filed under: JavaScript,Mac

Trackback Uri


Trackbacks/Pingbacks

  1. […] macのテキストエディタ Sublime Text2でJavaScriptのシンタックスエラーチェックをリアルタイムで行う方法 […]

  2. […] macのテキストエディタ Sublime Text2でJavaScriptのシンタックスエラーチェックをリアルタイムで行う方法 […]

  3. […] リを参照すれば簡単かと思います。(詳しい他のサイトエントリ:macのテキストエディタ Sublime Text2でJavaScriptのシンタックスエラーチェックをリアルタイムで行う方法 | clicktx::Tech::Memo) […]



コメントする