アーカイブ - 6月, 2011



2011年 6月 30

DNSの逆引き設定

今まで逆引き設定していなかったメールサーバから送ったメールには

Received: from sv.domain.com (sv.domain.com [127.0.0.1])
	by mail.domain.com (Postfix) with SMTP id…

のようなヘッダとなっていて、localhost(127.0.0.1)から送られたものだとされていた。

これが迷惑メールとされる一因なので、mail.domain.com はちゃんとしたサーバですよー、と知らせるためにグローバルなIPアドレスをあててあげる。

DNSの逆引きはドメインの管理とは関係ないので、回線業者が提供するサイトなりツールから設定。メールサーバのドメインが mail.domain.com、IPアドレスが111.222.33.4 の場合。
111.222.33.4にmail.domain.comを割り当てる。

逆引きを設定すると

Received: from 111.222.33.4  (EHLO maildomain.com) (111.222.33.4)
  by mta...

のようなヘッダとなる。

Gmailではこれだけで迷惑メールと判断されなくなった。

Yahooメールでの対策

上記対応をして一時的に改善しても、1日程度経つと再び迷惑メールに振り分けられる場合がある。この場合はメールヘッダに X-YahooFilteredBulk: 111.222.33.4 等と入っている可能性があるので、Yahooに問い合わせる必要がある。

オープンリレーを許可していないか確認する。

第三者中継チェック RBL.JP

全てが青い文字で no relays accepted. となればおk.

Yahooに問い合わせ

Yahoo!メール(ベータ版) ヘルプ – [迷惑メール]フォルダに振り分けられたくないメールがある
へ行き、一番下の「解決しましたか?」でいいえを選択すると問い合わせフォームになるのでそこから問い合わせる。

きちんとすれば、予想以上に早い対応をしてもらえる。
対応後にはこんなメールを頂ける。

◯◯◯◯ ◯◯様

Yahoo!メールカスタマーサービス◯◯です。
このたびは、調査および調整に必要な情報をご提供くださいまして、
誠にありがとうございました。

お問い合わせの「Yahoo!メール・迷惑メールフォルダへのメール振り分け」に
ついてご案内いたします。

お知らせいただいた情報をもとに調査を行い、ご利用のメールサーバーに
問題がないことを確認しましたので、弊社にて調整を実施いたしました。
・・・以下(ry

まさに Amazon EC2のサーバからメール送信をするまでにやるべきこと (スパムメール扱いを回避する!) – RX-7乗りの適当な日々

DNS逆引き設定
SPFの設定
SPAMメールのブラックリストに対する解除申請

のまんまですが。

SPFについて

とりあえず逆引き設定で迷惑メールに振り分けられる問題は改善したのだけど、SPF(Sender Policy Framework)を設定しておくともっとよさそう。

SPFは 送信者(from) が taro@domain.com なら domain.com が評価対象となる。メールサーバは関係ないようだ。fromのFQDN部分が使われる様子。

DNSの設定でTXTレコードを設定する。

Yahooでパスしたメールには

Received-SPF: pass (mail.domain.com: domain of info@domain.com designates 27.....

のようなヘッダが追記されていた(当然受信側のメールサーバがSPFに対応していることが前提)

チェックするにはこのようなツールも。

Sendmail – SPFレコードチェック
http://www.sendmail.co.jp/sa/spfcheck.html

参考:

  • Amazon EC2のサーバからメール送信をするまでにやるべきこと (スパムメール扱いを回避する!) – RX-7乗りの適当な日々
  • サービスから送るメールがスパム扱いされないために。
  • メール送信者認証技術 SPF/Sender ID についてお勉強 :: drk7jp
  • Sender ID:送信者側の設定作業 - @IT
  • 間違いから学ぶSPFレコードの正しい書き方 : 迷惑メール対策委員会

  • Filed under: postfix

    Trackback Uri






    2011年 6月 17

    随分前に、PayPalのsandboxで見た事があったんだけど、いつの間にかリリースしていた決済画面。

    ウェブペイメントスタンダードの欠点だったPayPal会員以外がクレジットカード決済するのに分かりにくい・・・っていうのが改善された感じ。

    ウェブサイト自体も日本語化がかなり進んでいるみたいだし、日本でも本格的に活動していきそうな感じがする。

    実際かなり便利だし、導入の敷居が低いことを考えると良いことだと思います。

    ますますEC市場が拡大されるかな?

    PayPalウェブペイメントスタンダードの新しい画面

    PayPalの新しいウェブペイメントスタンダード画面

    リニューアルされたPayPalウェブペイメントスタンダード最初の画面

    PayPalの新しいウェブペイメントスタンダードはクレジットカード決済でも迷わずすすめる

    PayPalの新しいウェブペイメントスタンダードはクレジットカード決済でも迷わずすすめそう

     

    Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
    PayPal アカウントを作成して、あなたのサイトにカード決済を導入!


    Filed under: PayPal

    Trackback Uri






    2011年 6月 12

    とあるスクリプトで javascriptでiframeを書き、そのフレームをさらに書き換える・・・というものがあるのですが、スクリプトをページ内に複数設置すると、chromeでエラーになってしまうので回避策。

    今までは

    document.write('<IFRAME id="フレーム名" name="フレーム名" ....></IFRAME>');

    で描写して、ターゲットとなるiframeを

    var target_iframe = frames[フレーム名];

    で取得していたのですが、これが2度目以降の実行時にundefinedとなってしまう。

    var target_iframe = document.getElementById(ifrname).contentWindow;

    でもやはり取得できず。
    他のブラウザでは問題ないので気が付かなかったのだけれど、chromeのみ症状が出た。

    DOMでiframeを追加

    解決策としてはDOMでiframeを追加する事で望んだ結果が得られた。

    var iframe = document.createElement('IFRAME');
    iframe.setAttribute('id', 'フレーム名');
    iframe.setAttribute('name', 'フレーム名');
    ...
    document.body.appendChild(iframe);

    .. continue reading ..


    Filed under: JavaScript

    Trackback Uri






    2011年 6月 1

    EC-CUBE 2.4の時はかなり手を加えないと使えない感があったのだけれど、久しぶりに触ってみた感じではなかなかの好感触。

    簡単に気づいた点は

    ポイント周りの不具合

    ポイントを付加するタイミングが「対応状況」を「発送済み」にした時になった。

    クレジットカードでの決済未完了時(失敗など)

    「決済処理中」という対応状況が増えて、入金待ちと区別が付きやすくなった。

    ウェブペイメントプラスでの確認だったけど、悪くないかも。決済フローも簡潔で、これなら3000円出しても価値があると思う。

    決済フローのスクリーンキャプチャ

    決済フロー
    注文確認画面。「次へ」で決済ページへ移行。

    決済フロー2
    PayPal ウェブペイメントプラスの決済ページ。iframeで表示されるので違和感もない。入力画面も簡潔でいい感じ。

    決済フロー3
    クレジットカード情報を送信した時もAjaxで処理されて、ページ移行がない。

    決済フロー4
    決済処理完了。ここまでスムーズに出来る。

    PayPalユーザーなら「PayPalで支払い」を選べばPayPalサイトへ移行して決済手続きをしてくれる。このフローが利用出来るだけでも価値がありそう。

    EC-CUBEでPayPalのsandbox(テスト環境)してみる

    PayPalウェブペイメントプラスの概要

    テストだけなら https://developer.paypal.com/ でアカウントを作成すれば出来るはず。

    「ウェブ ペイメント プラス インテグレーションガイド」 に詳しく書かれているけど、テストアカウントは売り手と買い手、それぞれ作成する事。

    また、受取人の「Payment Review」という項目は「Disabled」にしておく事。Enabled(レビューが必要)になっている場合は注意。

    PayPalテストアカウント

    EC-CUBE側はPayPal決済モジュールの設定画面で「決済サイトURL」を
    https://securepayments.sandbox.paypal.com/acquiringweb
    にする必要がある。
    メールアドレスは、テストアカウントの売り手のものを使う。

     

    Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
    PayPal アカウントを作成して、あなたのサイトにカード決済を導入!


    Filed under: EC-CUBE,PayPal

    Trackback Uri