2011年 1月 7

ImageMagickのインストールはyumで管理するのが一番簡単。
ただし、CentOSのImageMagickはバージョンが古い(v6.2.8)

ImageMagickのperlモジュール(PerlMagick?)はCPANでインストールすると入らないので、yumでスコッといれる。

yum install ImageMagick
yum install ImageMagick-perl

動作確認

perlで動作確認してみる。

#!/usr/bin/perl

use Image::Magick;
use strict;

my $i;

# GIF test
$i = Image::Magick->new;
$i->Read('test.gif');
$i->Minify();

$i->Write('test_s.gif');

# JPEG test
$i = Image::Magick->new;
$i->Read('test.jpg');
$i->Minify();

$i->Write('test_s.jpg');

# PNG test
$i = Image::Magick->new;
$i->Read('test.png');
$i->Minify();

$i->Write('test_s.png');

print "Content-type: text/html\n\n";

print <<EOM;
<h2>GIF</h2>
    <p>
        <img src="test.gif" />
        <img src="test_s.gif" />
    </p>

<h2>JPEG</h2>
    <p>
        <img src="test.jpg" />
        <img src="test_s.jpg" />
    </p>

<h2>PNG</h2>
    <p>
        <img src="test.png" />
        <img src="test_s.png" />
    </p>

EOM

exit;

すぐ忘れるからメモ。

More from my site


Filed under: perlモジュール,インストールメモ

Trackback Uri



コメントする