2010年 12月 27

最新版に近いパッケージをインストール出来るようにremiリポジトリを導入する

GPGキーをインポート

# rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

リポジトリファイルを追加

# cd /etc/yum.repos.d
# wget http://rpms.famillecollet.com/remi-enterprise.repo

remi リポジトリファイルを編集

常時有効(enabled=1)になっていないかチェックする。

# vi /etc/yum.repos.d/remi-enterprise.repo

[remi]
name=Les RPM de remi pour Enterprise Linux $releasever - $basearch
#baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/mirror
enabled=0        ←1なら0に変更
gpgcheck=1
gpgkey=http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
failovermethod=priority

[remi-test]
name=Les RPM de remi en test pour Enterprise Linux $releasever - $basearch
#baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/test/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/test/mirror
enabled=0        ←1なら0に変更
gpgcheck=1
gpgkey=http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

remi レポジトリを使用するには

--enablerepo=remi オプションをつけてyumを実行する

# yum --enablerepo=remi update

More from my site


Filed under: インストールメモ

Trackback Uri



コメントする