2009年 10月 2

2013-01-13追記
MySQL対応のPostfixはCentOS Plusリポジトリを使えばyumでupdate出来るみたい。こっちの方がいいね。

CentOS Plusリポジトリを有効にする

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

[centosplus]
name=CentOS-$releasever - Plus
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=centosplus
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/centosplus/$basearch/
gpgcheck=1
#enabled=0
enabled=1  # ←有効にする
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

yumでpostfixをupdate

# yum update postfix

...


===================================================================
 Package           Arch   Version               Repository    Size
===================================================================
Updating:
 postfix           i386   2:2.3.3-2.3.0.1.el5.centos.mysql_pgsql
                                                centosplus   3.7 M

...

mysql対応になっているかの確認。mysqlと出れば対応している。

# postconf -m|grep mysql
mysql

参考:postfixadmin + mysql + courier-imapによるバーチャルドメイン

以下古い記事


2010-12-04追記
どうやらCentOS5.5ではRPMが用意されている模様
64bit http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.5/centosplus/x86_64/RPMS/postfix-2.3.3-2.1.centos.mysql_pgsql.x86_64.rpm
32bit http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.5/centosplus/i386/RPMS/postfix-2.3.3-2.1.centos.mysql_pgsql.i386.rpm
あれ?前からあったのか??

yumでインストールされていたらアンインストール

yum erase postfix

ダウンロード

最新版の確認(/5.x/centosplus/SRPMS/より)

rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.4/centosplus/SRPMS/postfix-2.3.3-2.1.centos.mysql_pgsql.src.rpm

コンパイル前の下準備

Postfix をMySQL対応にするためpostfix.specを編集。

cd /usr/src/redhat/SPECS/
vi postfix.spec
..
%define MYSQL 1 ←確認(0なら1に修正)
%define PGSQL 0 ←postgreSQLを使わないなら1から0に修正
..

コンパイル

srpmからrpmを作成する。

エラー: ビルド依存性の失敗:
pcre-devel は postfix-2.3.3-2.1.centos.mysql_pgsql.i386 に必要とされています

などのエラーが出たら
yum install pcre-devel
でインストール後に再度実行。

rpmbuild -bb postfix.spec

インストール

出来上がったRPMをインストールする。

cd /usr/src/redhat/RPMS/i386/
rpm -ivh postfix-2.3.3-2.1.centos.mysql_pgsql.i386.rpm

yumの自動アップデートから外す

yum update で postfix* なパッケージがアップデートされなくなる。

これをしないとyumの自動アップデート時にMySQL非対応に戻ってしまう。

vi /etc/yum.conf
exclude=postfix* ←最終業に追記

↑手動でもやりましたけど
Postfixをyumでアップデートしてしまった orz…

More from my site

  • メールサーバ構築(Postfix +MySQL +Dovecot +postfixadmin) メールサーバ構築(Postfix +MySQL +Dovecot +postfixadmin) より新しい記事 2011-01-12 http://perl.no-tubo.net/2011/01/06/メールサーバ構築のまとめ(複数のバーチャルド/ CentOS5.3 いろいろ構築した結果、メールサーバは Postfix +MySQL +Dovecot +postfixadmin […]
  • CentOS5.5 Postfix で DKIM ( OpenDKIM ) に対応するCentOS5.5 Postfix で DKIM ( OpenDKIM ) に対応する こんなエントリ(ネットショップ運営者必見?迷惑メール扱いを回避する手順 :: drk7jp )があるので、とりあえずDKIMを導入してみる。 DKIMを導入するに以前は dkim-milter を使うのが一般的だったようだけど、最近では OpenDKIM を使うようだ。 参考: CentOS6.2でOpenDKIM(DomainKeys Identified […]
  • CentOS5.3 メールサーバ構築(Postfix +qmail +vpopmail +Dovecot) CentOS5.3 メールサーバ構築(Postfix +qmail +vpopmail +Dovecot) CentOSで自宅サーバー構築を参考に構築したが、途中でエラーが出たのでメモ。 19.独自のメールアドレスをつくる(Postfix編)メールサーバー構築(Postfix+Dovecot)CentOS4/CentOS5http://centossrv.com/postfix.shtmlバーチャルドメイン設定(Postfix&Dovecot+qmail&vpop […]
  • SpamAssassin[Postfix+MySQL][CentOS] yumでSpamAssassinを導入 SpamAssasinのみをインストールしたくなったのでメールサーバ再構築のついでに試してみる。メールサーバ構築のまとめ […]
  • CentOS5系にdovecot2をインストール MySQL,Postfix,CentOS5系にdovecot2をインストール MySQL,Postfix, スマートフォンでpush通知出来るようにIMAP-IDLE対応のdovecot2をインストールする。 基本的には メールサーバ構築のまとめ(複数のバーチャルドメイン+Postfix+MySQL+Dovecot+procmail+Clam AntiVirus+spamassassin+postfixadmin) […]
  • postfixadmin +procmailな環境でメールディレクトリの自動作成・削除postfixadmin +procmailな環境でメールディレクトリの自動作成・削除 メールサーバ構築のまとめ(複数のバーチャルドメイン+Postfix+MySQL+Dovecot+procmail+Clam AntiVirus+spamassassin+postfixadmin) も参考になるかも知れません 構築環境 CentOS5.3 Postfix +MySQL Dovecot postfixadmin procmail […]

Filed under: CentOS5.x,MySQL,postfix,メールサーバ

Trackback Uri


Trackbacks/Pingbacks



コメントする