アーカイブ - 7月, 2009



2009年 7月 30

Linuxのコマンド

ls -cr `find /tmp -type f`

・find /tmp -type f
/tmp 以下のファイル全てを検索

・ls -cr
更新日時を古い順にソート

つまり /tmp 以下のファイルを更新日時が古い順にソートするコマンド。

ちなみに、
ls -c  最後にファイルのステータスを変更した時間でソート
ls -t  修正時刻順でソート。
ls -u  最後にファイルにアクセスした時刻でソート

perlで使う時は 、

open(IN, “ls -cr `find /tmp -type f` | “);
print while();

のように、openの中のコマンドの最後に | (パイプ)をつけるのがミソ。
これにより標準出力を受け取る事が出来る。

これを使って、CGI内部で別のCGIを実行して結果を受け取る・・・なんて事も出来る。


Filed under: perl

Trackback Uri






2009年 7月 1

Java Preferences パネル

今まで普通に使用出来ていたWebminのFile Manager が突然エラーで表示出来なくなった。
で、ググっていたらApple公式にヒントがあったのでメモ。

エラー内容はこんな感じ

Failed to get Language List
javax.net.ssl.SSHHandshakeException
java.security.cert.CertificateException
Java couldn’t trust Server


http://support.apple.com/kb/TA24031?viewlocale=ja_JP

Finder → 移動 → ユーティリティ → Java Preferences

(アプリケーション/ユーティリティ/Java Preferences)

で、Javaアプレットウィンドウ中の「J2SE 1.4.2」をドラッグして一番上に。

Safari再起動で使用可能。


参考:webmin File ManagerがJavaエラーで表示できないhttp://jp.webmin.com/node/519

にも、書き込んでおいた。


Filed under: Mac,webmin

Trackback Uri






2009年 7月 1

webminファイルマネージャー

webmin設定>言語>Japanese (JA_JP.EUC)での場合

/usr/libexec/webmin/file/lang/ja_JP.euc

をローカルにダウンロード。

テキストエディタ等で「sjis」に変換して保存。

同ファイルを同ディレクトリにアップロード。

これで文字化けが解消される。

表示言語がUTF-8ならja_JP.UTF-8 をsjisで保存してアップロード。

参考:http://rcconf.blogspot.com/2007/05/webmin.html

ちなみにテキストエディタはmi(ミミカキエディット)が便利です。

マック用ですが。


http://www.mimikaki.net/


Filed under: Mac,webmin

Trackback Uri