メモ



2015年 10月 6

Yosemiteにしてから(?)ターミナルで作業する時にvi(vim)を使うとテンキーが使えない問題に悩んでいた。検索したけど中々解決しなくて放っておいたのだけど、久しぶりに調べたら良記事を発見した。

コードの記憶 Macのvimとテンキーの問題

どうやらターミナルの設定に問題があったらしい。

「設定 > プロファイル > 詳細」にある VT100アプリケーションのキーパッドモードを許可 にチェックが入っているのが原因だったようだ。

ターミナル設定

チェックを外したらviでテンキーが使えるようになった。地味に不便だったから助かった。


Filed under: Mac,メモ

Trackback Uri






2014年 3月 15

同サイトのページだが探しにくいのでメモ。

SPF(Sender Policy Framework) : 迷惑メール対策委員会
SPFの歴史的背景や、SPF設定時のプロパティの解説や記述例。

間違いから学ぶSPFレコードの正しい書き方 : 迷惑メール対策委員会
SPFレコードを設定する際に間違いやすい例を参考に解説。


Filed under: postfix,メモ

Trackback Uri






2013年 5月 19

Linodeのマニュアルにはiptablesの設定の仕方とか書いてあって親切。

Linode – Creating a Firewall

ルールの作成
vi /etc/iptables.firewall.rules

*filter

#  Allow all loopback (lo0) traffic and drop all traffic to 127/8 that doesn't use lo0
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -d 127.0.0.0/8 -j REJECT

#  Accept all established inbound connections
-A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

#  Allow all outbound traffic - you can modify this to only allow certain traffic
-A OUTPUT -j ACCEPT

#  Allow HTTP and HTTPS connections from anywhere (the normal ports for websites and SSL).
-A INPUT -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp --dport 443 -j ACCEPT

#  Allow SSH connections
#
#  The -dport number should be the same port number you set in sshd_config
#
-A INPUT -p tcp -m state --state NEW --dport 22 -j ACCEPT

#  Allow ping
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT

#  Log iptables denied calls
-A INPUT -m limit --limit 5/min -j LOG --log-prefix "iptables denied: " --log-level 7

#  Drop all other inbound - default deny unless explicitly allowed policy
-A INPUT -j DROP
-A FORWARD -j DROP

COMMIT
ルールの適用
sudo iptables-restore < /etc/iptables.firewall.rules
ルールの確認
sudo iptables -nL
ルールの保存

CentOS6.2以上の場合は

/sbin/service iptables save

Filed under: メモ

Trackback Uri






2013年 2月 17

Build Systemの新規作成

Sublime Text 2のBuild Systemにはデフォルトだとperlの設定が無いので新たに設定ファイルを作成する必要がある。

Tools > Build System > New Build System… を選択
SublimeText2 - New Build System...
untitled.sublime-build が開かれるので編集する。

{
    "cmd": ["perl", "-w", "$file"],
    "file_regex": ".* at (.*) line ([0-9]*)",
    "selector": "source.perl"
}

-w を -c にすると実行しないで文法チェックだけ行える。

ファイル名を Perl.sublime-build に変更して Packages/Perl に保存する。
Perl.sublime-buildの保存場所

コードの実行

⌘+Bで実行可能です。
SublimeText2 perl script 実行結果

参考

Sublime Text 2をMacで使う | Kitchen Garden Blog
Perl Build System File for sublime text editor

2013/3/14追記:

PATHが通っていない問題を解消する

perlのbuildシステムが使えるようになったけど、macだとpathが通っていないのでモジュールを使ったりする時にエラーになる。

Sublime Text 2 と環境変数 を見ると環境変数を設定できるみたい。

{
    ...
    "build_env":
    {
        "PATH": "/usr/local/bin:/usr/bin"
    },
    ...
}

のように build_env という項目を追加すればいいみたい。pathの確認はmacの環境ならターミナルで、

$ echo $PATH
/Developer/usr/bin:/opt/local/bin:/opt/local/sbin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/X11/bin

表示されたpathを “PATH”: に設定すればおk。設定ファイルは Preference > Settings – Userで表示されます。

SublimeText2 Settings - User


Filed under: Mac,メモ,開発環境

Trackback Uri






2012年 5月 30

MAMP

ApacheもMySQLも常時起動しておくのは微妙だし、でも使う時にはサクッと使いたい。そんな時にMAMPがあればローカルのApacheとMySQLを自動で起動してくれるから便利。phpMyAdminもついてるしね。
インストールメモはこっち

で、MAMPデフォルトのMySQLではなく、先日インストールしたmroonga対応のMySQLをMANPで使えるようにする。

MySQLのrootユーザーのパスワードを設定

MAMPのMySQLはデフォルトで ユーザーroot パスワードrootで設定されているので同じように設定する(方が簡単?)ローカルのMySQLだからroot:rootでもおkでしょう。

MacBook:~ clicktx$ sudo /opt/local/share/mysql55/support-files/mysql.server start
Password:
Starting MySQL
.. SUCCESS! 
MacBook:~ clicktx$ /opt/local/lib/mysql55/bin/mysql -uroot
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('root');
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql> quit
Bye

で、MySQLサーバを停止。

MacBook:~ clicktx$ sudo /opt/local/share/mysql55/support-files/mysql.server stop
Shutting down MySQL
. SUCCESS! 

MAMPの起動スクリプトを編集

/Applications/MAMP/bin/ の中にあるMySQL起動スクリプトや停止スクリプト等を編集する。編集するファイルは

  • checkMysql.sh
  • repairMysql.sh
  • startMysql.sh
  • stop.sh

の4つ。オリジナルはコピーしておきましょう。中身はこんな感じ。

checkMysql.sh

# /bin/sh
#/Applications/MAMP/Library/bin/mysqlcheck --all-databases --check --check-upgrade -u root -proot --socket=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock
/opt/local/lib/mysql55/bin/mysqlcheck --all-databases --check --check-upgrade -u root -proot --socket=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock

repairMysql.sh

# /bin/sh
#/Applications/MAMP/Library/bin/mysqlcheck --all-databases --repair -u root -proot --socket=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock
/opt/local/lib/mysql55/bin/mysqlcheck --all-databases --repair -u root --socket=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock

startMysql.sh

# /bin/sh
#/Applications/MAMP/Library/bin/mysqld_safe --port=3306 --socket=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock --lower_case_table_names=0 --pid-file=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.pid --log-error=/Applications/MAMP/logs/mysql_error_log &
/opt/local/lib/mysql55/bin/mysqld_safe --port=3306 --socket=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock --lower_case_table_names=0 --pid-file=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.pid --log-error=/Applications/MAMP/logs/mysql_error_log &

stop.sh

# /bin/sh
#/Applications/MAMP/Library/bin/mysqladmin -u root -proot --socket=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock shutdown
/opt/local/lib/mysql55/bin/mysqladmin -u root --socket=/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock shutdown

動作確認

普通にアイコンダブルクリックでMAMPを起動するだけ。
ブラウザが立ち上がって下のような画面が出ればおk。

MAMP起動画面

phpMyAdminタブからエンジンを見てみるとストレージエンジンにmroongaが見える。

mroongaストレージエンジンを確認

これでテーブル作ったりデータ入れたりがGUIで出来るね!


Filed under: MySQL,phpmyadmin,メモ,開発環境

Trackback Uri