2016年 9月 22

誘惑に負けてmacOS Sierraにしたところ、USキーボードで必須のKarabinerが正式対応していないことが判明。

Karabiner – OS X用のソフトウェア

これは不便。しかし、よく見るとKarabiner-Elementsなるものがあるみたい。

Karabiner-Elementsのダウンロード

下記URLから最新バージョンをダウンロード出来る。

tekezo/Karabiner-Elements: The next generation Karabiner prototyping for macOS Sierra

Karabiner-Elements

Usageにインストール方法等が書いてある。基本的にはインストーラーをダブルクリックして従うだけ。

日本語環境の設定

キーの変更のドキュメントにある通り、

~/.karabiner.d/configuration/karabiner.jsonに設定を書く。

リポジトリのexamplesに日本語環境の設定例があるかと思ったら微妙に違うっぽいのでキーマップを参考に設定してみる。

あと、caps lockをcontrolにしたいので追加しておく(Karabiner-Elementsをインストールするとシステム環境設定の装飾キーの設定が無効になるっぽい)

が、単純にキーの動作が変わるだけなので本家のような動作にはならない。右⌘はあまり使わないからいいとして、左⌘も設定するとコマンドキーが全く使えない状態になってしまう。

仕方がないから右optionキーに英数を設定しておく。

$ vi ~/.karabiner.d/configuration/karabiner.json

{
    "profiles": [
        {
            "name": "Default profile",
            "selected": true,
            "simple_modifications": {
                "caps_lock": "left_control",
                "right_command": "japanese_kana",
                "right_option": "japanese_eisuu"
            }
        }
    ]
}

まぁ、⌘+spaceキーで入力ソースの切り替えが出来るし、とりあえずこれで運用しておく。

って、エントリ書いてて検索したらいろいろあった。

⌘英かなは便利そう。

追記:

⌘英かな使ってみたけど、これで十分かも。

More from my site


Filed under: Mac

Trackback Uri



コメントする